::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::広がる選択肢
最近留学生の間で大騒ぎになってるニュース。
Post-Graduation Work Permit のルール改正のお知らせ。
これは簡単に言えば、大学・カレッジの卒業生がもらえるワークビザ。
ただいままではいくつか規定があって、
1.大学の専攻に関係ある職でなければいけない
2・卒業後90日以内に雇用主を見つけなければいけない
3・ビザの期限は場所によって1~2年 etc.
実際には制限が多くて、仕方なく国に帰る留学生も多かったと思います。

それが今回の改正により、上の↑1.2の枠がなくなり、ビザの期限が一律3年間に延長されました!!!
つまりオープンワークパーミット=どこでも働けるし、転職自由なビザになりました。‚Ђâ[‚¦IH
これってすごいことですよー。

外国人が就労ビザを取るって大変なことなんです。
まず会社がカナダ人を差し置いて外国人を雇う理由があることを証明するだけのスキルがなければいけないし、雇ってもらえてもその会社に限り就労可能だったりするので、転職したらもう一度同じプロセスを踏んでビザを申請し直さなきゃいけなかったりとめんどくさいんです。

なので今回のルール改正により、煩わしさが大幅に減りました。
Flexiibilityでいえばワーキングホリデービザみたいなもんですかね。
こんなに甘くしちゃっていいの?って心配なくらいです。
でも、オリンピック前だからかな。
今BCは人手不足だそうです。
高等教育を受けた人材を欲しがってるみたい。
そう考えれば、今回の改正も納得できるかも。

改正はいつも突然行われるので、今春卒業でこっちで就職したかった人はすごくラッキーだね。
スポンサーサイト
留学生活  コメント(1)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
::
すごいじゃん!
やるな。
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。