::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::5年間の重み
毎年ブログに今年で○年ですとかって書いてるけど、成長ないな~って思う。
昔のブログ見返してて思ったのは、
やってることとか、去年と変わってないし!ヒィィィ!(´Д`ノ)ノ
ハイ、去年彼氏とケンカしてました。
今年もまた、家で誕生日パーティーƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹する予定です。
なんだか、すごく不安だ。。。
まあいっか。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆ ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

4月5日は初めてカナダに降り立った日。
この日は節目なので、いつも1年を回想します。
5年前はいまの自分なんて想像不可能だったように、
5年後の自分も想像できないんだろうな。
でも予想してみて、あとで見返すと楽しいかも‚¿‚ȁô

とりあえず
1年後―今年と同様、学期末でテスト&ペーパーに追われてヒーヒー言っている。
2年後―卒業してるはずなので(予定)、仕事が見つかってますように(願望)。
5年後―そろそろ身を固めていたい。
10年後―これまでには家族ができているかな?

ちょっと行き過ぎたかÅ‚è
答え合わせはその時がきたらってことで。。。

*・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・゜゚・*:.。.:* *・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・゜゚・*

いままでを振り返ってみると、
高校までは本当に親に頼りっぱなしだったって思う。
決断も自分ひとりじゃできなくて。
自分の進路でさえ周りに流されるまま、「道が敷かれていた」感覚。
カナダに行く!って決めたのさえもたまたまあった道をチョイスしただけだったような・・・Å‚è
でも、それからの決断はすべて自分で決めなければいけなくなって。
そのギャップにすごく戸惑ったし、今だって自分の決断に自信が持てないことがある。

18歳のときは何にも知らなかった。
生活していくうえで当たり前のことが当たり前じゃなかったうえに、
言葉が通じなくて。
たとえば、友達とごはん食べに行ったり、カフェに行ったり、美容院に行ったり、ビーチに散歩に行ったりすることでさえ私にとっては非日常だった。
そういう意味では、社会性っていうものが備わったのはカナダでの生活。
社会問題に興味を持つようになったり、自分の意見をはっきり述べられるような論理的思考もこっちで(+ブログを通して)養った。

しかーし!5年経っても自分のやりたいことがハッキリ見えない。
4年経ったらハイ、卒業。な日本の大学に行ってたら、本当にまた流されるまま生きていたかもしれない。幸いいまは自分と向き合う時間がたくさんある。日本では思いもしなかった悩みがでてきたりするけど、私にはきっと必要な過程だと思う。
私のモラトリアム期は人より間違いなく長い。
スポンサーサイト
Poohの独り言  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
::
もう、そんな時期か……。
poohがそっちで暮らしているうちに、短期留学とかいいなぁ、って思ってたりする(爆)ので、
私もうかうかしてられないな!
ほら、君のアパートに行けばホテル代とかかからないし……w

まぁ、自分に正直に計画たててくれい!v-218
編集 △ page top
::
来るなら円高の今がチャンスだけどねe-346
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。