::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::考古学に魅せられて
先週までおじが、仕事の関係で滞在していました。
私がカナダに来てから日本では会ってないのに、こっちで会うのは実は3回目。
カナダで誰よりも会っている身内です。Î今回は少し仕事のお手伝いをしました。
なんでも私の学校に、世界的に有名な考古学の先生がいるらしく、
その先生に日本での講演会の約束を取り付けるべくはるばるやって来ました。
(ちなみにおじは考古学者です。)

その先生とのミーティングに通訳を頼まれて同席しましたが、私、役に立ってないし(゜∀゜;)Å‚è
おじはイギリスに住んでたことがあるし、普段から英語の文献を読んでるみたいです。(ちなみに専門用語はアラビア語も大丈夫らしい。)
だから英語も普通に喋れるし、特に自分の専門分野の話になるとヒートアップして、専門用語や地名などむしろ私のが通訳必要?みたいな‹êÎ
その例の先生はとっても気さくな人で、その後授業があると言ったら「学校まで行くけど一緒に車乗っていくかい?」と。
いやいやwww日本中の考古学者が注目してる(大げさ)えらい先生に
ずーずーしくお世話になるのはちょっと・・・(しかも部外者)。
でもそんなフレンドリーさがカナダ人らしいと思いました。

(なんか日本の教授って偉そうなイメージ(おじは例外)。
すごくかしこまった雰囲気で、生徒がいつも気を遣わなきゃいけない感じ。
それに比べて北米の教授って下の名前で呼ばせるし、
大きいクラスでも一人一人の質問にちゃんと答えるから
生徒と先生の距離がもっと近くて、より対等に近い関係だと思います。)

ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹他にもウチの学校の図書館で文献探しのお手伝いをしました。
そういえば知らなかったんだけど、日本の大学って図書館に入るのに学生証が必要なんですねー。
20冊ほどのリストをもらい、コンピューターで検索→ナンバーを控えて書籍探し。
古い本&レアな本(日本では入手不可)ばかりで、地下室にある院生以上が使う寄贈コレクションのコーナーに行きました。電動で移動可能の書籍棚が利用者が少ないことを物語ってます。
結局数時間ねばって手に入ったのはたったの1冊だけ!
ここにもないってことは見つけたらプレミアもんですね・・・。

ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹考古学の問題点などを聞きました。要約するとこんな話だったはず・・・。
まず考古学の地位が低いこと。
お金がかかるわりにお金にならず、社会からあまり認められてない分野だそう。
でも歴史だけじゃなく、人類学、民俗学、生態学、地学、化学、統計学etc.知識がないといけないから、実は奥が深く、素人が簡単に発掘を行えるものではないらしい。(でも知識が無いのに技術だけで民間の業者が行っているのが現状)
そういう手間や知識量を考えたら、考古学ってもっとリスペクトされるべき分野だと思いますI

あとは言語の問題。
長い歴史があるにもかかわらず日本考古学は土器の研究がメジャー。というのも、地質の関係で土器しか残らないのだそう。
そのうえ、ほとんどの学者は日本語の文献しか読まないから、知識が偏ってしまう。
つまり土器の研究だけが日本で飽和してしまっている状態。
他の文化の研究をすることで日本の文化と共通点が見つかったり、新たな発見ができるかもしれないのに、それだけの英語力がある学者が少ない。
(カナダなんて歴史は日本の10分の1しかないのにÎ価値のある遺物が残っているし。)
加えてやっぱり日本の文化の研究は、日本人がいちばん優れてるわけだから、
それを英語で発表しない限り外国には伝わらない。
よって専門分野+英語ができるってすごく大事だなと思いました。

違う専門分野だけど、アカデミックな話(文系に限る)って興味あるし、刺激になりました‰ÔEŽ‡
スポンサーサイト
心理学・社会問題  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
::
土器の国日本(笑)

「~は地位が低い。もっと認められるべきだ」
って時々聞く言葉だね。
私は考古学の地位が低いなんて思ったこともなかったけど。
私の主観はともかくとして、考古学はニュースで取り上げられたりもするじゃん?
それに、「あいつはフリーターなんだってよ、くすっ」
ってのはよくありそうだけど、
「あいつは考古学者なんだってよ、くすっ」
ってのはあんまなさそうじゃない?
そんなに地位が低いのかなぁ?
それとも、もっと大事にされるべき学問だから、国や企業が支援しろ、って話?
編集 △ page top
::
誰でも発掘できると考古学者の肩書きいらなくなるでしょ。
夢で食っていけていいな~ってよく言われるらしいけど、その裏には膨大な努力と知識があることがあんまり理解されてないからじゃないかな。
編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。