::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::赤ちゃんの運命
今日は大雪のため、学校がお休みデス。á

また別の社会問題ネタ見つけてきましたw
先週、JUNOという映画を見ました。
(最近、映画は毎月1~2本見てるかも?!)

これは簡単に言っちゃえば、高校生の女の子が予想外の妊娠をしてしまい、こどもを養子に出すまでのヒューマンコメディー。

いい意味でも悪い意味でも予想を裏切る展開だったかな・・・。

やっぱ10代の妊娠って社会問題になりつつあるから(よね?)若い人たちに見てもらいたい映画だと思いました。
Adolescence psychologyの先生おすすめの映画。
賛否両論ありそうだけど、個人的には好きです。
育てられないからといって中絶という道を選ばず、養子に出すことを選んだJUNOの潔い決断に好感がもてました。

脳も形成されてない胎児は(理論上は)痛みを感じないはず。それでも中絶を反対する人はやっぱりヒューマンライトとか、人間(になるもの)を殺すのは人間として許されるべきことではない、という倫理的観点から反対するんだと思います。
誰だって好んでするわけじゃないんだから、正しい間違ってるはおいといて、
それより私は、望まない妊娠をしたときに、選択肢が少ないことが問題だと思います。

妊娠・中絶ばっかり焦点が当てられてるけど、
子供がほしくてもできない人もたくさんいる。
そういう人たちにもっとスポットを当ててもいいんじゃないでしょうか。
望まない妊娠をした人に、養子に出すという選択があってもいいと思う。
誰か幸せにしてくれる人に育ててもらいたいという思いは、子供の幸せを願う親と一緒。
(赤ちゃんポストに「子供を捨てる」親は、同じく「子供の幸せを願って」かもしれないけど、養子に出すと決めた人とは責任感がまったく違います。産んですぐに殺しちゃう親とは紙一重の差。)

外国はわりとオープンだけど日本はまだまだクローズ社会だから、難しい選択かもしれない。
でも、家族形態が多様化してきてるいま、養子であることを隠さない社会であってもいいはず。そういう環境があれば、万が一妊娠しても中絶という道を選ばなくてすむんじゃないかな、と思いました。
スポンサーサイト
心理学・社会問題  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。