::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::いちばん長い1週間
ついに長い戦から開放されました。
テスト終わりました (*´▽`)ノひゃっほう
テスト期間の最終日までありました。土曜日なのに。

大学のFinalの恐ろしさを実感しました((;゚Д゚))
何が怖いって、大げさに言うと人間でなくなることかな。

授業は2週間前に終わってたからずっと自宅学習。
最後の1週間はいままででいちばん勉強したかも。
もうね、ひたすら家にこもって勉強してると廃人化してくるのですよ。
睡眠時間が大幅に削られ、ご飯はまとめて2~3日分作っておいたり、シャワー浴びなかったり(汚っ)‹êÎ
ストレスMAXで、自分でも性格が悪くなるのが目に見えてわかるの。
彼氏との関係まで危うくなりましたÎ
なんかね、軽くノイローゼ状態だったかも。。。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

そんなんで、人間の脳の限界に挑戦してみました。

結果、こんな状態でも、限界はまだ見えない!まだやれる!
ということがわかりました。
おそるべし、人間の脳みそ。

Long-term memory(長期記憶)ってキャパシティが無限なんですが、
Short-term memory(短期記憶)はリミットが決まっています。
自分のリミット意外と大きいかも?!ということを発見。
というのも、テストの3分の1くらいは短期記憶で乗り切りました(ぇ)。

でも、最後の方は脳も疲れてたと思う。
(だって息抜きにまでSUDOKU(数独)やってたからÎ休める暇がなかった)
だけど絶対に落としたくない最後のテストで、脳が驚異的な働きをしてくれました。

問題見たとき、思い出せない単語がいっぱいあったけど、
時間がたつと薄れていく記憶の法則に反して、
始めてから1時間後くらいからどんどん思い出していきました。
なんか、意地になって「絶対思い出してやる」みたいな勢いで。
もう奇跡に近い思い出し方でした。

その反動でしょうか、頭が痛いです。
べんきょうのしすぎであたまがいたいです。。。

今日からひとりでバケーションを楽しみます。
スポンサーサイト
学校生活  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。