::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::洗礼
先週の日曜日。
友達がBaptism(洗礼)を受けるというので近くの教会に行ってきました。
そこは元々別の友達が行っている日本人の教会で、
留学生や移民、カナダ生まれの日本人などがいました。
日本語でPreach(お説教?)を聞くのは実はこれが初めてで、
聖書を読むのにも、歌を歌うにも日本語と英語だとずいぶん印象が違うと感じました。(たとえばLord Jesusが主イエス となったり)

ふと頭に浮かんだ言葉。
「信じるものは救われる」
これって有名な言葉だけど、実はキリストの教え。

まずは信じて、そしたらわかる。
迷いや葛藤を持ちながらも祈り続ける。
そうすれば道は開ける。
でもそのタイミングは神(←これも日本語だと違和感)が決められるそうです。

洗礼を受けた彼とは、哲学とか難しい話をたまにしてたけど、
クリスチャンになっていたのは知らなかった!
日本にしばらく帰っていた間に、ずいぶん悩んでたみたいです。
彼の親友が熱心なクリスチャンで、いつも彼のために祈ってくれたそう。
その友達のためにも祈りたいという気持ちはあったけど、
友情だけで祈ることは間違いじゃないかと思っていた。
だけどある日、友情についてのPreachを聴いていて
その瞬間、彼曰く「神様の愛に包まれた感じがした」そう。

何はともあれ、それは迷いが消えて悟りが開けた証だから、
単純に彼のためにうれしく思います。
とても素敵なお話でしたƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
スポンサーサイト
イベント  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。