::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::オリンピック14日目
女子フィギアが終わるとオリンピックも終盤って感じです。
今日はフィギアの超個人的な感想をば。。。

キム・ヨナ
真央ちゃんは日本一だと思うけど、
ユナちゃん(実は今回初めて見た)と比べられるとやっぱり劣って見えました。
私が感じた違いはスピードと表現力。
表現力はユナが格段にうまいんですよね。ついでに色気もあるし。
(同い年だけど真央ちゃんのが幼く見える)
トップ争いでは、技術云々より表現力が最後カギを握るんじゃないかなぁ。
やはり表現力のある選手の演技のほうが心に残ると思います。
(ちなみに日本人選手の中でそれ一番があったのは、鈴木さんだと思いました。)

浅田真央
こっちのメディアも始まる前からユナびいきで
解説の真央ちゃんの扱い、はっきり言ってひどいです
実況によると、演技前からクィーンの称号はユナについてました。
いつかの日本選手権での彼女の演技は素晴らしかったけど、
滑走順もいつもユナのすぐ後と恵まれなかったし、フリーではミスもあったし、
表彰式で一人だけ不完全燃焼で嬉しくなさそうなのが不憫でしたw
(スピードスケートで銀メダル取った人とえらい違いだw)
次はぜひ称号奪回してほしいですね。

ジョアニー・ロシェット
SPの2日前に母親を亡くしたばかりなのに
渾身の演技でSP3位につけました。
演技直後に号泣。
あれは、直前の練習のこととか何も覚えていなかったのに、
夢中で滑って気が付いたら客席から歓声が聞こえてきたからなんだと。
3位のままメダルをもぎとっていった感動ストーリーになりました。

安藤美姫
前回のトリノでの演技に比べて格段にうまくなっててびっくりしました。
確かあの頃ってスケート以外のことでメディアに追いかけられて
話題性だけはあったんじゃなかったっけ。
ジャンプも観てる方がハラハラしたし、精神的にも弱かった気がする。
世界チャンピオンにもなったし、この4年間で精神面もずいぶん成長。
でもメダリストに比べるとなんか足りない。。。


採点システム
順位は妥当だと思うけど、この採点システムは変だと思う。
2位3位の点差が3点なのに1位2位差が20点以上って。。。
この点差だったら男子フィギアだとライサチェクと織田くん以上。
・・・ちょっと評価しすぎじゃないかな。確かに素晴らしかったけどさ。
記録は塗り替えられる為にあるのならいつか
「完璧」な演技をする選手が出てくるのかな。
そもそも点数をつけるのも人間なんだから、
完璧な演技なんてないと思うんですよ。
だから今回のユナのスコアはやりすぎな気がします。

ロシア黄金時代終焉
今回のオリンピックを見ていて感じたのは、
フィギアスケート大国のロシアの時代は終わったんだなーと。
他のフィギア種目をみても北米、アジアが取って代わってきています。
ペアではロシア代表に日本人がなったくらいですからね。
新しい時代の幕開けな予感。

どーでもいいんだけど、なんで中国と韓国だけ苗字、名前の順に表示されるんだろう。
日本は他の国と同じように名前、苗字の順なのに。。。素朴な疑問。

オリンピック閉会まであと3日。
ほぼメダルも出揃いました。
そろそろダレてきてましたが
ここにきてカナダのメダル獲得数の追い上げがすごいです。
昨日も4つくらい獲ったみたいだし。
まだホッケーも残ってるし、地元民の熱はまだ冷めやらぬようです。
スポンサーサイト
イベント  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。