::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::インテイク
水曜日はオフィスボランティアの日。
ここのところ頼まれて週二日ずつ来ていて、
今週もまたお願いされたけどお断りしました。
だって体力的にキツいんだもん。
もともと週1回の約束だったし。
他とかけもちしてるから大変なのよため息。。

スタッフの顔と名前も一致してきて、だいぶやりやすくなりました。
電話の対応は慣れてきましたが、
このボランティアのつらいことも見えてきました。
オフィスには電話回線がいっぱいあるんですが、
そのうち私が対応できるのは2回線のみ。
あとはクライシスラインなので、スタッフまたはクライシスライン対応専門のインテイクと呼ばれるボランティアの人たちが取ります。
スタッフが必然的に足りないので、インテイクの人たちがいないとオフィスがまわっていきません。
(クライシスラインっていうのは、DVにあった人のための専用ホットライン。インテイクの仕事は、主にその人たちの話を聞いて、適切なカウンセラーにアポイントメントを入れること。危険な状況にいる人の緊急度を判断したりもするため、研修が必要なのです。)

誰も電話を取らないと留守電になるのですが、
そのメッセージの分類をするのは私の仕事。
なので、必然的にクライシスライン宛てのメッセージを聞くこともあります。
電話の向こうで泣いてたり、取り乱したてたり、動揺してたり。
そういう助けを必要としているメッセージが留守電に残っていると、ものすごく心が痛みます。

助けを求めているのに、その要求に応じられない。
私は電話を取れる状況にあるのに、取ってはいけない。

そういう状況を目の当たりにして、とても歯痒い思いをしています。
インテイクになるべくしてこのボランティアを始めたので、早く研修を受けてステップアップしたいと思ったPoohなのでした。
スポンサーサイト
ボランティア  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。