::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::日本人留学生の日本語能力。
ショックだったこと。

日本の大学生の子に言われました。

日本語なまってますね。

・・・つまり英語も日本語もちゃんと喋れてないってことですか。がっくりがーん

日本にいる日本人やカナダにきたばっかの日本人に対しては、気を遣って言葉を選んで喋ってるんですっ。(だって私が喋る日本語なんて、ブロークンイングリッシュならぬブロークンジャパニーズなんだもの。ちょっと気を抜くとボロが出てしまう。)
だからつたない日本語に聞こえるのかも。
単語が出てこなくてつかえたりとかさ。

ちなみに学校の日本人の友達と喋るときはもっとスムーズです。
スムーズというのは日本語が出てこなくても英単語混ぜてそのまま会話が成り立ってしまうから。汗2
長期滞在の人は英語ができるという前提で日本語を話すので、英語が混じっても理解してもらえるという暗黙の了解があるようにも思えます。

日本人留学生の使う変な日本語~大学編~
「来セメのクラスレジスターした?」
「ブックストアー行ってテキスト買わなきゃ」
「このクラス難しすぎてドロップしちゃった」
「ファイナルいつ?」
「クラスどこ?」

以上訳すると
「次のセメスターの授業登録した?」
「本屋で教科書買わなきゃ」
「難しかったから(学期初めまたは途中で)クラスを落とした」
(そのまま無理して悪い成績がつくよりよっぽどいいので多くの学生がこの手を使う)
「期末試験いつ?」
「教室どこ?」

考えてみりゃヘンな日本語かも。?(小)
(もはや何がヘンがわからなくなってるアップロードファイル) 
日本にしばらく帰るとカンが戻るんですけど、
ずっと英語の中でいきなり日本語をふられると戸惑います。
そんなPoohの英語の弱点はライティング、日本語の弱点はスピーキングです。
スポンサーサイト
留学生活  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。