FC2ブログ
::春の嵐、嵐の後に射す光を求めて。
いろんなことがありすぎて、何から書けばいいか・・・。

数年に一度、大きな決断をすることがあります。
そんなときはいつも決まって春。
春を節目に感じるなんて、やはり私も日本人。

とりあえず、通訳のアルバイトを通して大きく成長しました。
その直後に通訳のお仕事も次から次へと舞い込んできて、
自分の人生の欠けていたピースが意味をなしたような気がします。
なんていうか、タイミング的に。
自分の世界が広がるチャンスです。
それと同時に、今まで持っていたものを手放さなければいけないように思います。

何かを手に入れるためには、何かを犠牲にしなければならない。
たとえ人を傷つける結果になってしまっても、それは仕方のないこと?
人を傷つけるのが悪いことなら、自分が傷ついても我慢して人生を送る?
何かを主張することとワガママはどう違う?

ずっとダメ人間な扱いをされてきて、自分の人生なのに前に進むことに否定的で
いままで自分に自信をなくしていたけど、誰かに必要とされることで
少し自信がつきました。
やはり人とのかかわりなくしては生きていけない。
そんなシンプルなことなのに、実際の人間関係はむずかしい。

でも恐れてばかりじゃ先に進めない。
時には突き進む勢いも必要。
そうでなければ一生このまま。
自分の「ワガママ」をとおしてまで変えたい気持ち。
今、変わらなければいけない気がする。
スポンサーサイト



Poohの独り言  コメント(1)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2010 All roads lead to... , All rights reserved.