::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::夏本番
毎日頭の中を「暑い」の二文字がぐるぐる。。。

バンクーバー、やばいです。
異常気象。
連日の30℃超えでてんわやんわ。
25℃くらいで今日は暑いねーってレベルだから。
カナダ人でさえ今年は一番暑いって言います。
それもそのはず、ついに34.4℃だった最高気温の記録やぶったそう。

日本と比べると大したことないように聞こえるけど
そもそもカナダは暑くなるはずの国じゃないの!
一番温暖なはずのVanでさえこれなんだから、
こうしてみるとカナダってやっぱり寒い国だったのね。

だからこそ、日本と決定的に違うのが冷房設備。
オフィスビルや大きな商業施設にあるエアコンは
日本のようにガンガン冷やすためにあるんじゃないんで、
今週みたいに暑い日にみんなで一斉にエアコンかけると
オーバーヒートして、ビルの冷房が全滅。ってことになるらしいです・・・。

ビジネス用にそんなんだから個人用なんてたかが知れますね。

カナダの一軒家にエアコンの付いた家ってあまりありません。
ベースメント(地下)に行けば涼しいから。
っていうか普通そこまで暑くならないから必要ないんだけど。

カナダの共同住宅は冬の寒さを乗り切るためのセントラルヒーティングは
ばっちりなんだけど、エアコンついてません!
新しくて高級なコンドミニアム以外はないのが普通。

真冬でも半そででヘイキな気密性バツグンのアパート。
これが真夏は地獄絵図と化します ̄□ ̄
どれくらい暑いかというと
リンゴ(ぇ布のソファーに座ると熱い
リンゴ(ぇベッドに入るのが苦痛
リンゴ(ぇ首に湿疹(あせも?)ができる(←これは初めての経験)
リンゴ(ぇ外に出たほうが涼しい
だからって
お隣さんが枕持って
ベランダで寝てたのには
さすがにビックリしたけどねっ!


スポンサーサイト
日常生活  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::扇風機と私 続き
昨日の扇風機の話を書いた後に
じゅんさんがこんなものを買ってきてくれました。
IMG_4123.jpg
グッジョブアップロードファイル
しかもタイマーつきはぁとvv

量販店で$29なり。こっちじゃこの機能なら破格のお値段だよ。
ふうう$60くらいするんだよ、こんなのがさ。
おかげで快眠できました。

なんたって、今までコレで凌いでたんだから。
IMG_4127.jpg
日常生活  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::扇風機と私
夏がカムバックしました絵文字名を入力してください
連日の30度超え。
とろける~~~~アップロードファイル

アパートは南西向きだからね~日当たり良すぎて困っちゃう。
夏は地獄じゃメラメラ
ゆうべは暑すぎて寝れなかったアップロードファイル
あ~もっと大きな扇風機が欲しい

Poohは扇風機大好きです。
どれくらい好きかっていうと、
高校の時自腹で買って部室に持ち込んでたくらい、好き

何でこんなに好きかっちゅーと扇風機のある家で育ったからかね。
一家に5~6台あります。ひとり約1台。(地元じゃみんなこんなもんだよね?)
というか、エアコンのある家に今まで住んだことがないので
少しぬるくても天然の風が好きです。
クーラーは寒すぎ。窓開けられないし。(←冬でも窓は開けたい人)

日本の扇風機は安いくせに何であんな高性能なんだろ。
夜はいつもリズム機能とタイマー機能をかけて寝てました。
こっちで売ってる扇風機って、日本の20年位前のやつなのにやたら高い。
タイマーさえついてないのに!
今度日本から輸入しちゃおうかな?w

暑さを少しでも和らげるため、洗濯物を家の中に干してみました。
とても家で勉強なんてできないので、授業が(ほぼ)終わってよかったです。
帰国準備だ!遊ぶぞ!(気が早っ)
日常生活  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::私の住む街~おうち編~
ひとつ前の記事で書いたパークのまわり一帯には
イギリスの植民地だったこともあり、ビクトリア調の家が残っています。
そのうちの一部は今から100年以上前に建てられ、
文化財として今もその外観の保存が義務づけられています。
(もちろん、実際に人も住んでます)

ジョギングしてたはずがいつの間にかハウスウォッチングになってしまうほど苦笑
素敵な家がいっぱい並んでるんです。

IMG_4022.jpg

IMG_4028.jpg
六角形の出窓(?)がビクトリアンちっく。

IMG_4007.jpg
右側がお城の塔っぽい。

IMG_4021.jpg

IMG_4047.jpg


IMG_4115.jpg
ちなみに国旗がぶら下がってるのはカナダデー前だったからです。


昔からお家の写真やインテリア雑誌を眺めるのが好きな子どもだったので
このエリアのお散歩はすごい楽しいです。
そんでもって、こんな家に住みたいなぁとか妄想してますアップロードファイル
未分類  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::私の住む街~公園編~
写真(風景)をよく撮るんだけど、
有効な使い道がないことに気づいたwので紹介します。

この街はかつてBC州の州都だったため、ロイヤル・シティと呼ばれています。
程よく郊外にあってなおダウンタウンにも40分くらいで行ける、便利な街です。
だけどダウンタウンを拠点にする人からは遠いらしく、たまに文句を言われますw
(友達もみんな郊外に住んでるので、この辺でよく遊びます。)
こじんまりしてるけど、いちおう何でも揃ってる便利な街なのです。
人口は5万人ほど。市には12このコミュニティー・パークがあります。
そのうち一番デカイのが、うちの近くにあるのです。
いや、そんなに近くもないんだけど、
そこまでジョギングするとちょうどいいかなくらい。

公園というからには

サッカーフィールド、野球場、テニスコートはもちろん

ウォーターパークsita(夏はお子ちゃまに人気キラキラ
IMG_4016.jpg

アスレチック
IMG_4051.jpg

ふれあいミニ動物園(他にヤギ、ロバ、孔雀などがいます)
IMG_4052.jpg

そして

ローズ・ガーデン
IMG_4020.jpg

ね。小さいながらもいろいろあるでしょ。

ちなみにこれらの施設はすべて無料ですキラキラ

なんでこんなに詳しいかっていうと、
この公園についてリサーチしてペーパーを書いたからです笑

IMG_4061.jpg

学校に近いからという理由で住み始めてから
学校を卒業した後も居座り続けて、4年半。
総合的に判断すると、ここからなかなか離れられないのです。
未分類  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::結婚式の話の続き
IMG_3333.jpg
ウェディングブーケ(イメージ写真)


両親と電話受話器で話したんですけど、昨日。

友達の結婚式に行ってきたって言ったら

母「あんたが結婚したんじゃないよね?」

ぷーさん「だから友達の結婚式だって言ったじゃん」

母「ああそう。で、出席したの?」

ぷーさん「だから行ってきたって言ってんじゃんムカムカ

人の話を聞く気ゼロです。笑

そんでもって父。

父「おまえも行き遅れないようにがんばれよ」

・・・・・。

いま、親戚の中でちょっとした結婚ラッシュなのです。

年上の独身の従姉妹がたくさんいるので

まだ大丈夫だと思ってたんですが。

プレッシャーかけられる番になってきたみたいな上に

もうそういうこと言われる年かとちょっとショック。

結婚式行くといろいろ考えさせられますね。

結婚する前にやっておきたいことがたくさんありすぎて

このままだと行き遅れること確実はぁとvv

この5年、ある意味で変わらなかったのをみると

あと5年、このまま変わらないのかも。

30過ぎて独身だって別にいいじゃんね?

日常生活  コメント(6)   トラックバック(0)  △ page top


::サマーウェデイング
IMG_4037.jpg
友達の結婚式に行ってきました。
(あ、私の友達は新郎のほうね。)

カレッジの時の友達で、知り合って5年くらい経ちます。
彼の家で入れ替わり立ち替わりで30人くらいのパーティーを、
2週間に1度くらいの割合でやっていた時を思い出します。
楽しかったな~ぽ。
その時の初期メンバーのひとり。
授業のために結成されたバンドを一緒に組んだこともあったっけ。

彼は少し前に日本に帰ったんだけど
奥さんと出会い、一緒に洗礼を受けた教会で
結婚式をあげるためにカナダに戻ってきました。
大学に行ったり働いたりで、まだカナダに残ってる日本人メンバーが約15人。
久しぶりに集結しました。同窓会みたいなノリで楽しかったはーと

日本から来たのは新郎新婦の家族だけで
教会の人とカナダの友達が参列。
そのあとは軽食をつまむ感じのアットホームなレセプションでした。
招待状もない、ゆるい結婚式、好きです。
小さくても自分のことを心から祝福してくれる人たちに囲まれての結婚式が
一番幸せなんじゃないかな。
末永くお幸せにはぁとvvはぁとvvはぁとvv
イベント  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::怠け癖発生
非常に困ってます汗;

脳みそがストライキ起こしました。

セメスターの前半がんばりすぎちゃって、

mid-termが終わった頃から気が抜けちゃったのね風船

テストはもうほとんどないし、そんなに忙しくもない。

あとはペーパー(×2)を書くだけ。

なのに、もうぜんっぜんヤル気がおきなくて

どうしたものかと悩んでますやべっ

やりたくないものはしょうがないじゃん?アップロードファイル

大丈夫、切羽詰ればできる子なのでフヌ

ペーパーって書き始めれば案外平気だけど、

トピック決めて書き始めるまでが大変なのね。

間に合うのかな~~~!?

まあなんとかなるっしょちな♪(ポジティブ)


そんなこと言ってるけど

この夏の遊びの予定はギッシリです笑

結婚式に行ったり友達と遊んだり

さらに日本や韓国から友達がやってきたり

今度は自分が日本行ったり忙しいのだあ

ちなみに日にちは忘れたけどお盆ごろ帰るよ♪

肌寒い日が続いてて、いまも毛布にくるまってます絵文字名を入力してください

暑い夏が少し恋しいです・・・

というわけで。

やることすべて終わったらニッポンのあっつい太陽夏を堪能してきます!
日常生活  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::カナダの歴史を知る
ちょっと小難しい話です。

今でこそ移民国家で知られるカナダ。
最初にヨーロッパから入植者がやってきたとき、
カナダには先住民がいました。

カナダの歴史なんてこっちの教育受けなきゃ知ることはないだろうこと。
私も実はAboriginal Education(アボリジナルの教育システム)のクラスを取るまで
あまりよくその実態を知りませんでした。
先住民にはインディアン、ファーストネーション、FN(ファーストネーションの略)、
アボリジナル、ネイティブetc.いろいろ呼び方があります。

よく英語を学びに来て「ネイティブの友達が欲しい」という人がいるけれど、
彼らが意味するのは、英語がネイティブ(母国語)
つまりカナダ生まれのカナダ人(多くは白人カナディアンを指してる)の
友達が欲しいということで、
ネイティブ(先住民)の友達が欲しいというわけではありません。
が、それを英語で言うと誤解されるので注意が必要。

ちなみに観光地に必ずあるトーテンポールや
木彫りの変わったデザインの動物は、先住民の工芸品です。

[リストマーク]5pxの粒*緑(白-薄い背景用) †SbWebs†カナディアンインディアンの歴史[リストマーク]5pxの粒*緑(白-薄い背景用) †SbWebs†
かいつまんで話をすると、、、
500年くらい前にアメリカンインディアンと同様、
ヨーロッパからの入植者が突然やってきてすべて奪われました。
住むところも、言葉も、文化も。
白人文化への同化を目的とし、インディアンの人々にそのような生活を強要しました。
子どもたちはレジデンシャル・スクールというインディアンだけの学校に入れられ、
寄宿舎で生活しながら学校に通いました
が、実態はチャイルド・レイバー―子どもを労働力として使う。
インディアンの言葉を話すと体罰を受ける。
虐待(性的虐待も含む)が行われる。
など、ひどいものでした。

驚くことにそういった学校は1980年代まで続きました。
最初の入植者がクリスチャンの学校を建てたのが1620年頃。
ずいぶん長いこと虐げられてました。

[リストマーク]5pxの粒*緑(白-薄い背景用) †SbWebs†アメリカンインディアンとの違い[リストマーク]5pxの粒*緑(白-薄い背景用) †SbWebs†
大きな違いは学習量。
アメリカンインディアンは教育を受けさせてもらったみたいだけど、
カナディアンインディアンは白人カナダ人の約半分量しか受けさせてもらえず。
カナダ政府の狙いはFNを支配下におき、労働力として利用すること。
そのため、白人種より優秀になってもらわれては困るから。
そこで、FNの不満も解消すべく最低限の教育だけを受けさせたのです。

[リストマーク]5pxの粒*緑(白-薄い背景用) †SbWebs†言葉[リストマーク]5pxの粒*緑(白-薄い背景用) †SbWebs†
「母国語禁止」の政府の政策のため、
何十とあった多くのインディアン・ランゲージが失われました。
今でもインディアンの言葉を話せる人は高齢化が進み、
しかもオーラル・ランゲージ(口承言語?)なので絶滅の危機にあるそうです。
インディアンの言葉は響きが美しいです。

[リストマーク]5pxの粒*緑(白-薄い背景用) †SbWebs†政府の対応[リストマーク]5pxの粒*緑(白-薄い背景用) †SbWebs†
今では深く反省してて、インディアンの子孫は学費・消費税タダの措置がとられています。
が、州によってもずいぶん違います。
例えばオンタリオ州では消費税免除がもうじきなくなるそう。
マニトバ州ではインディアンの学校でドロップアウト(中退)率が高いため、
1年間通うと政府から$1000の奨学金が出るそう。
(今でもインディアンスクール―アボリジナル文化の要素を含んだカリキュラム、文化の伝承保存を目的とした学校―はあります)

[リストマーク]5pxの粒*緑(白-薄い背景用) †SbWebs†アイデンティティー[リストマーク]5pxの粒*緑(白-薄い背景用) †SbWebs†
クラスメートにメティスと呼ばれるFNと白人のミックスが何人かいます。
言われなければFNとわからない外見です。
彼らはインディアンとして自分のルーツに誇りを持っています。
が、
レジデンシャルスクール時代にはメティスの子どもたちは
普通の公立の学校(白人の子どもが行ってた)に行けないけど
インディアンにもなりきれない、
野蛮なヨーロッパ人の血を受け継いでるから・・・
自分のアイデンティティーに苦しんだそうです。

いまだにFNの学力はカナダ人より低い、低所得、
ドラッグやアルコールにおぼれる、犯罪率が高いなどのデータが出ています。
stereotype threatのせいじゃないかなぁ・・・?
(アフリカンアメリカンの所得や進学率が白人アメリカンと比べて・・・と同じ理由。スラムに住んでいるなど環境要因もあるでしょうが、もとをたどれば奴隷時代の恐怖や社会的偏見がそうさせたともいえる。アフリカンアメリカンであるというアイデンティティーがパフォーマンスに影響を与えているというセオリー。)

[リストマーク]5pxの粒*緑(白-薄い背景用) †SbWebs†ステイタスについて[リストマーク]5pxの粒*緑(白-薄い背景用) †SbWebs†
くわしくは知らないんですが、
インディアンの子孫のなかにも違いがあるみたい。
その中のステイタス・インディアンはと呼ばれるインディアンは
ステイタスカードというIDを持っていて、
これを提示すると消費税免除などの特典が受けられるそうです。
(シチズンシップカード―市民権カード、メープルカード―永住権カード、
免許証や州政府発行の身分証明書(しかも各州によって違う)etc.
カナダはIDの種類が多い!日本だとパスポートか免許証くらい?)

そのステイタス(身分)というのは
女性のインディアンが白人男性と結婚した場合、女性のステイタスは失われ
男性のインディアンが白人女性と結婚した場合、女性はインディアンのステイタスを得ることができるそう。。。

[リストマーク]5pxの粒*緑(白-薄い背景用) †SbWebs†Aboriginal Education(アボリジナルの教育システム)[リストマーク]5pxの粒*緑(白-薄い背景用) †SbWebs†
経験を重視。経験=知識とみる傾向がある。
アボリジナルについて学ぶには自分の経験や知識と関連付けることで
知識が深まる、という考え。
クラスでもレクチャーよりディスカッション重視。
よって、私のクラスもそういうスタイル。
実はクラスメートから学ぶことって多い。毎回目からウロコです。

心理学・社会問題  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::CANADA DAY
要はカナダの建国記念日カナダです。

カナダの国旗をぶら下げてる家が目立ちます。
大きな都市ではセレモニーが行われてるけど、、、
混みそうだから行こうか悩み中。。。

カナダカナダカナダカナダカナダカナダカナダ

ところでカナダ人とアメリカ人の折りの悪さは前にも書いたとおもうけど、
カナダ人はUSAのことをアメリカとよびません。
USまたはStates (United States of Americaより)といいます。
だけどそこに住む人のことはアメリカン。
学校にアメリカ人の先生がいて、その人だけはUnited Statian
(カナディアン―Canadianと同じ要領でUnited Statesの語尾にianをつける)
といっていましたが、そんなことばは初めてきいた。。。ビックリはっ!

カナダの人はなにかとつけて、アメリカとの違いを強調したがりますw

顕著なのがこのCM
I AM CANADIAN
CANADIANってビールのCMです。
てきとーに訳つけました。

オレは木こりでもない 毛皮商人でもない*1
イグルーにも住んでいないし犬ぞりにも乗らない
カナダ人のジミー、サリー、スージーも知らない いいひとだとは思うけどね*2
オレたちには首相がいる 大統領じゃない
英語とフランス語を話す アメリカ語じゃない*3
ABOUTはアバウトと発音する アブートじゃない*4
バックパックにカナダの国旗を縫いつけてる*5
オレたちは警察銃(セミオート)じゃなく平和ピースを信じる
カナダは同化ではなく多様性を重んじる*6
ビーバーは誇り高いな動物だ!
Zはズィーじゃない、ゼットだ!*7
カナダは世界で2番目に大きな国だ!
アイスホッケーが国技だ!
カナダは北アメリカで一番の国だ!

オレの名はジョー
I AM CANADIAN!!



解釈
*1 カナダ人に対するのステレオタイプ
*2 アメリカ人みたくみんながみんな知り合いというわけではない
*3 アメリカ人がはなすのも英語です。某B前大統領は「メキシコ人はメキシコ語を話す」といったらしいですね(正解はスペイン語)
*4 アメリカではアブートって発音するってことかな?しかもA BOOTとひっかけて長靴の絵がでてる
*5 アメリカ人と間違われないよう旅行の際は持ち物にカナダの国旗をつけます。星条旗つけたら狙われるもんねw
*6 アメリカが人種のるつぼと呼ばれるのに対してカナダは人種のモザイクといわれます
*7 カナダ人はゼットと発音します


こっちのお笑いって、ブラックジョークが欠かせないので嫌味をいれて笑いをとってます。*3とかw
ちょっと日本のお笑いとツボが違うのでわかるところだけわかってください苦笑
未分類  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2009 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。