::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::ボランティア、掛け持ち。
金髪の美男子にキスされました

相手は1歳児ですが、何か?
超カワユイあはぁとvv
これだからボランティアやめられんのよね~♪

今日は、ウクライナ人の女の子が新しくボランティアとして入ってきました。
なのに、子どもはたったの3人。少なっ。
いつもはボランティア1人(私)に対して子ども10人くらいいるのに。

*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜ .:*:・' *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・

さて、これとは別口にもうひとつボランティア始めるべく、インタビュー(面接)に行って参りました。
したら、クリミナルレコードチェック(無犯罪証明)の結果も待たず、あっさり採用。
というわけで来週から働いてきますアップロードファイル
DVの被害にあっている女性のための支援施設の受付です。
雑用も多そうだけど(笑)。

なぜこんなことやってるかっていうと、プランがあるんですよ。(フフ)
Poohの最終目標はなんらかの非営利団体の施設で働くこと。
一番の近道はボランティアで経験を積むこと。(だいたいどこも予算が限られているので、ボランティアはよく募集してます。)
ボランティアだと採用されやすいし(当たり前だけど)、研修を受ければカウンセラーとして働かせてもらえます。
まあ長期戦になりそうだから、その間に一般企業でも働けるようなオフィス職の経験も積めて一石二兆なわけです。
もちろん、そのうち研修も受けるつもりです。
まずは様子見・視察も兼ねてこの施設で下積み修行します(笑)。
秘密厳守だから、ブログではあんま詳しくは書けないけど、また報告します。
スポンサーサイト
ボランティア  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::ジェンダースタディー
今学期取っているクラスのひとつ、ジェンダースタディーが自分の中でアツイです炎
名前のとおり、ジェンダー(性別)について学ぶクラスです。

英語には性別を表す言葉がふたつあります。
授業ではSexとGenderの違いや(前者が身体的特徴ベースの性別、後者が心理的な性別という意味合いで使われますが線引きが曖昧)、性別の欄に男か女しか選べないのはおかしい!(どちらでもないの欄があってもいいんじゃないの)とか、まあ「男」と「女」の違いをいろんな切り口からディスカッションします。
すっごい楽しいです音符いちおベースとなる質問はあるけど、だんだん発展していって最後には質問からかけ離れてることもあるけど、思ったことを何でも言えるし、正しい答えとかないので、かなりオープンな感じ。
クラスメイトには一見すると男の子みたいな女性(たぶん)が何人もいるし、姪っ子の誕生祝いにあえて青いズボンをプレゼントしちゃうようなジェンダーに対してニュートラルな人もいます。

男女の区別はなぜ必要か?
私は「生物学上、からだのつくりが違うからしょうがない」と思ってたんですけど少しずつ考えが変わってきました。パスポートや免許証に性別(しかも二択)を書かなきゃいけないのはなぜでしょうか?
それって便宜上のカテゴリーなのかもとふと思いました。

日本語では「彼」「彼女」という言葉を使わなくても30分会話できちゃいます。ぶっちゃけ、相手の性別がわからなくてもごまかしてやり過ごせます。
が、英語では会話の中でHeかSheが必ず必要になります。宛名の「様」もミスターかミセスorミスになるし。そういう意味で性別を知る必要があります。(あと、ふた昔くらい前までは、一般的な「人」を指す三人称にHeが使われていたんですが、男女差別の観点から最近はTheyを代わりに使っています。)
これがスペイン語やフランス語だと、モノにまで性別(男性名詞、女性名詞)ついてるしびっくり意味もなく性別が勝手に決められてるんですね。。。
向こうから歩いてくる人がいるとします。人間の脳はその人の像を自動的に頭の中でスキャンして、年齢、性別、体型etc.パッと見でわかるだけの情報を取り入れようとします。だから性別がわからないと気持ち悪いし、知りたがるのが人間の心理だそう。

ところで、
男として生まれたけど自分では女と認識している
または
女として生まれたけど自分では男と認識している

という人は意外と多いのです。クラスメイトにもそういう知り合いがいるという人もけっこういます。
かくいう私もひとり、知っています。
本人から直接聞いたわけではありませんが、あとになってその人が自伝を出版していることがわかりました。
たまたまインターネットで見つけて、さわりだけ読んだだけなので、続きは今度本を買って読んでみようと思います。

「生まれたもった性(sex)と自分の性(gender)が一致しない」というとピンとくるのは、性同一性障害(Gender Identity Disorder)でしょうか。日本でもドラマなどでその存在が知られるようになりました。
でも、GIDって障害とつくだけあって立派な疾患なんですよね。
ただ、それは「心と体の性の不一致によって起こされる心身の不調」のことであって心と性の不一致自体は障害じゃないと思います。だって体をgenderの方に合わせて人生を謳歌してる人もいるわけだし。そこんとこ間違えてる人が多いと思うので。

ちなみにカナダでは、性転換の手術費用は国が負担してくれるそうです。
とはいえ、法的な手続きの手間がかかるのはどこでも同じみたいです。
心理学・社会問題  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::日本人留学生の日本語能力。
ショックだったこと。

日本の大学生の子に言われました。

日本語なまってますね。

・・・つまり英語も日本語もちゃんと喋れてないってことですか。がっくりがーん

日本にいる日本人やカナダにきたばっかの日本人に対しては、気を遣って言葉を選んで喋ってるんですっ。(だって私が喋る日本語なんて、ブロークンイングリッシュならぬブロークンジャパニーズなんだもの。ちょっと気を抜くとボロが出てしまう。)
だからつたない日本語に聞こえるのかも。
単語が出てこなくてつかえたりとかさ。

ちなみに学校の日本人の友達と喋るときはもっとスムーズです。
スムーズというのは日本語が出てこなくても英単語混ぜてそのまま会話が成り立ってしまうから。汗2
長期滞在の人は英語ができるという前提で日本語を話すので、英語が混じっても理解してもらえるという暗黙の了解があるようにも思えます。

日本人留学生の使う変な日本語~大学編~
「来セメのクラスレジスターした?」
「ブックストアー行ってテキスト買わなきゃ」
「このクラス難しすぎてドロップしちゃった」
「ファイナルいつ?」
「クラスどこ?」

以上訳すると
「次のセメスターの授業登録した?」
「本屋で教科書買わなきゃ」
「難しかったから(学期初めまたは途中で)クラスを落とした」
(そのまま無理して悪い成績がつくよりよっぽどいいので多くの学生がこの手を使う)
「期末試験いつ?」
「教室どこ?」

考えてみりゃヘンな日本語かも。?(小)
(もはや何がヘンがわからなくなってるアップロードファイル) 
日本にしばらく帰るとカンが戻るんですけど、
ずっと英語の中でいきなり日本語をふられると戸惑います。
そんなPoohの英語の弱点はライティング、日本語の弱点はスピーキングです。
留学生活  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::ウェディング~まとめ編~
結婚式の次の日はファミリーディナーで、貰ったプレゼントを開けるイベント(?)をしました。
レジストリーから選ばれた品物たちなので、すべて統一感があってカップルの好みにあったもの。キッチン用品からバスルーム用品、リビングのインテリア用品などが大量に集まりました。

これが初めての結婚式だったので比べようがないけど、よくよく聞いてみたらカナダの普通の結婚式とずいぶん違ったようです。それゆえお姉さんのはユニークな結婚式と言われていました。
たとえば
リンゴ(ぇウェディングドレスが珍しいデザイン(露出が少なくていてエレガントかつセクシー)
リンゴ(ぇバージンロードを両親と歩く
リンゴ(ぇ披露宴で新郎新婦とそれぞれの両親が正面席に一緒に座る(普通groomsmenとbridesmaidsが新郎新婦と一緒に座り、両親はテーブル席に座るらしい)
リンゴ(ぇ食事がビュッフェスタイル
リンゴ(ぇご祝儀は受け取らない意向で(それでもくれる人はいるけど小額。友人で$50くらいの人もいたし、兄弟でも$300くらい。親や近い家族で$1000くらいあげる人もいた。お金のかわりにプレゼントをあげる人も多かった。ご祝儀にあたるものは普通はやっぱりあるらしい。($100~))

バックグラウンドによってかなり違いがあるので、ここでいう「普通」はとりあえずヨーロッパ系のウェディングを指します。イタリアやポルトガルはダンスパーティーがメインの豪華な披露宴が主流らしいです。中国はチャイナドレス含めお色直しを何回もするそう。
インターナショナルマリッジだと両方の文化がごっちゃになって、オリジナルな結婚式ができるのかもしれませんね。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆* ☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆* ☆.。.:*・°
なーーーんて、ウェディングの余韻に浸ってる場合じゃなくて、もう新学期が始まっていた!!
思えばこれが最後の最後での夏の一番の思い出。
ウェディング関連はこのくらいにして、学校モードに戻ります。
イベント  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2008 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。