::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::ハム日記始めました。
突然ですが、家族が増えました。
IMG_3215.jpg

ドワーフハムスターの小町(♀)とパトリシア(♀)です。

今まで犬、カメ、イモリ、カブトムシ、スズムシ、金魚、ハムスターなどを飼ったことがありますが、母または姉または弟主導だったので自分で飼うのはこれが初めて。
ちなみに姉は最近ネコを飼い始めたらしいです。

我が家のハムたちはまだ子供でちっちゃい!
エサを食べてる姿がまん丸で可愛らしい‚Í‚Ÿ‚Æ‚–‚–
初日なので、まだ触らせてもらえません。
っていうか私のがまだ緊張して触れないŠ¾2

パトリシア(シルバーグレイの方)は活動的で、階段の上り下りをさっさとマスターしてました。
小町はおとなしくて、じーっと丸くなってます。

とりあえず様子見。。。
早く慣れてくれないかな。

ハムスターの寿命は2~3年だそう。それまで私はここに居座るつもりですƒtƒk
スポンサーサイト
ハム日記  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::広がる選択肢
最近留学生の間で大騒ぎになってるニュース。
Post-Graduation Work Permit のルール改正のお知らせ。
これは簡単に言えば、大学・カレッジの卒業生がもらえるワークビザ。
ただいままではいくつか規定があって、
1.大学の専攻に関係ある職でなければいけない
2・卒業後90日以内に雇用主を見つけなければいけない
3・ビザの期限は場所によって1~2年 etc.
実際には制限が多くて、仕方なく国に帰る留学生も多かったと思います。

それが今回の改正により、上の↑1.2の枠がなくなり、ビザの期限が一律3年間に延長されました!!!
つまりオープンワークパーミット=どこでも働けるし、転職自由なビザになりました。‚Ђâ[‚¦IH
これってすごいことですよー。

外国人が就労ビザを取るって大変なことなんです。
まず会社がカナダ人を差し置いて外国人を雇う理由があることを証明するだけのスキルがなければいけないし、雇ってもらえてもその会社に限り就労可能だったりするので、転職したらもう一度同じプロセスを踏んでビザを申請し直さなきゃいけなかったりとめんどくさいんです。

なので今回のルール改正により、煩わしさが大幅に減りました。
Flexiibilityでいえばワーキングホリデービザみたいなもんですかね。
こんなに甘くしちゃっていいの?って心配なくらいです。
でも、オリンピック前だからかな。
今BCは人手不足だそうです。
高等教育を受けた人材を欲しがってるみたい。
そう考えれば、今回の改正も納得できるかも。

改正はいつも突然行われるので、今春卒業でこっちで就職したかった人はすごくラッキーだね。
留学生活  コメント(1)   トラックバック(0)  △ page top


::不良少女と母の愛
昨日、知り合いの女の子を捜しに行きました。
その子のお母さんから、家出したという連絡があったから。
あちこち捜し回って、友達の車で逃走しようとしたところを寸前で捕獲。

その子は、ヤバめの年上の男の子グループとつるんだり、
夜中に家を抜け出して朝帰りをしたり、
そんな感じだから学校を欠席することが多くなったり。
俗に言う「不良少女」。

今までは年の近いお姉ちゃんがお目付け役として一緒に行動してたけど、今回はひとりで脱走。
実は先日、ドラッグに手を出していることが発覚。
行き先がわからず、そんな状態なのでお母さんは真っ青になって私たちに助けを求めてきたのでした。


その子はまだ14歳。


お母さんに頼まれて、私と彼氏と友達の3人でレクチャーを与えました。
今のようなことを続けてるとこうなるということを示すべく、夜のHastings street(ドラック常用者がうろうろしてる危険エリア)や売春婦の拠点などを見せて回りました。
話を聞いてみると、やっぱり典型的なティーンエイジャー。
母親の干渉がウザイ、ほっといてほしいと言ってました。
「別に」「まあ・・・」みたいなあいまいな言動も目立ちました。
遊びたい年頃なんだろうけど、遊び方を間違えてる。遊ぶグループも間違えてる。
14歳ってまだ子供なんだなって思った。ドラッグやたばこも興味本位でやってみたいだけ。周りに影響されやすくて、判断力とかまだ充分に備わってない。
この年代の子と触れ合う機会なんてほぼないし、ましてや非行に走る子の対応なんて未経験。
どう接していいのかよくわかりませんでした。(この間までティーンエイジャーの心理学のクラス取ってたのに‹êÎ)とりあえずドラッグの体への影響と(←学校で習った)女の子のリスクについてお話させていただきました。

その子を家まで送り届けると、事態は深刻なことになっていました。
お母さんが、娘がまた家出したら警察に連絡すると仲間のひとりに忠告していたのです。
通報されちゃマズい(=やましいことがある)グループなので、復讐に来るかもわかりません。そうなれば通報した家族も巻き込まれることは必須。
その子の家は女系で、男手がいません。年老いたおばあちゃんが怖がって、健康に支障をきたしてしまっているので、とりあえず昨夜は一時的に別の家に避難し、今日から車で数時間のところにある親類の家に行くそうです。そのうち、家族みんなでしばらく国に帰るそう。

母は強いなと思いました。
娘を守るために自らを危険に晒し、一から築き上げたキャリアを捨てて国に帰るって。
どんな子でも最後まで味方でいてくれるのは最終的には家族。
自分が遊びたいがために家族みんなに迷惑をかけているってこと、お母さんが本気だってこと、その子もわかったんじゃないかな。
根は素直でとてもいい子。ただ、周りの悪い環境に染まってしまっただけ。
悪い仲間との関係を断ち切ったら、更正できると信じています。
そうなることを祈るばかりです。
心理学・社会問題  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::ターム終了
あー終わった終わった‚Ñ‚Á‚­‚è
ようやくテスト終了ですƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
Midterm後くらいからずっとモチベーションが下がってて、ペーパー書いてて予習・復習が追いつかなくなって。それはそれはもぅ、、、大変でした。テスト範囲を終わらすのに。
テスト終わってもいつも1~2日は気が抜けないです。
体が硬くなってて、リラックスできない。ま、ぼちぼち戻るでしょうƒs[ƒX

ƒŠƒ“ƒSi‚\夏っぽくなったとかこの前書いた気がするけど、ウソです。
めちゃめちゃ寒くって、昨日は雨→雹→雪が降りました。
そんな日に限って傘忘れるし↓
ŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢まで鳴って、怖かったー。嵐の要因出尽くした、みたいな。
日本ではしょっちゅう雷あったけど、この時期に雪と一緒にってのはさすがになかったかも?
カルガリーあたりではいつもこの時期に大雪が降るそうです。
そんな地域に比べればまだマシなんですがね。

ƒŠƒ“ƒSi‚\近頃、じゅんが日本のドラマにハマってます。
いつも見るのは侍、忍者、現代アクション映画オンリーだったのですが。
現代ドラマは生の日本の生活に一番近いですからねー。
そんな彼のヒットは「のだめ」。
私がテスト勉強に追われてる間に(ちょこっと見たけど)全部見終わったらしいです。
ビックリしたのが、いつの間にか新しい単語を覚えて使ってることIΣ(゜ロ゜ノ)ノ
おもしろかったのが「You should call me センパイ」、とÎ
(のだめが千秋先輩と呼ぶことから。)
彼のが年上なので使い方間違っちゃいないんだけど、違和感ありまくり‹êÎ

日本のドラマはアジア人に(主に中国・韓国・台湾)人気なのね。
日本語ペラペラで、どこで習ったの?ってきくと「日本のドラマ見て覚えた」っていうひとも少なくない。
英字幕つきのもたくさんあるし、日本の文化も同時に学べるのでドラマはけっこういい勉強になると思います。

私もこれからのだめ見よ~っと‚¿‚ȁô
日常生活  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::夏へのプロローグ
昨日、いきなり夏が来ました。
天気がすっごくよくてƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹、道行く人は半そでまたはタンクトップ着てました。
少しでも暖かなるとすぐ脱ぎだすから、こっちの人。。。
まーでも無理ないな~と思います。太陽の日を思いっきり浴びれるのは約半年振りですからね。
後で聞けば気温も20度近くあったみたい。(カナダの反対側では大雪だったらしいá

ダウンタウンに行く用事があったんですが、あまりの気持ちよさにふらっとビーチになんぞ寄り道してしまいました!‚Ђâ[
人ごみ嫌いでダウンタウンではいつも用事を済ませたらさっさと帰るこの私が!!!
それくらい、天気よかったんです。

案の定、たくさんの人がビーチにいました。
この季節のこんないい天気の日には、日本人だったら「お花見したいな~」ってなるはずがカナダ人は「ビーチに行こう」になる。桜の花を見るまでそんなことすっかり忘れてた自分が、なんだかおかしくて笑っちゃった。
ビーチでは家族連れ、カップル、友達同士etc.の人間ウォッチング。
ひとりでボーっとしながらいろんなことを考えました。
そういえばここ、前はよく来てたな~とか。

なんだか、モヤモヤしてたものがすっきりしました。

やりたいことができました。
きっかけはいつもよくわからないけれど、突然、情熱がわいてくるんです。
長い間閉ざされてた冬から活気付く夏へ。やっぱ季節の変わり目、大事です。
普段ぜったいにしない、ひとりビーチへの散歩。昨日はしてよかったな。

それにしても慣れないロングウォークのせいで体が痛いŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢
日常生活  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::Idol gives back
私の好きなテレビ番組のひとつにAmerican Idolがあります。
歌手のオーディション番組で、地方予選からハリウッド本選を経て、TOP24人がステージで歌うことができ、視聴者の投票で男女各2名ずつ(TOP12からは毎週一人ずつ)落とされます。
最終的にデビューできるのはひとりだけ。
歴代アメリカンアイドルは長者番付けに載るくらい、稼いでます。
つまりそれだけ売れる=注目度が高い番組だということ。
コンテスタンツが毎週ショートビデオクリップに出演したり、合唱したりと細部にわたる演出がおもしろいんです。出演者同士の雰囲気もほのぼのしてるし。
毎週火曜日に歌って投票、水曜日に結果発表があるんですが、
今週は結果発表のまえにIdol gives backというプログラムがありました。

この番組を好きな理由のもうひとつは、チャリティーに貢献していること。
番組が子供のためのチャリティー団体作ってるくらいですから(^^;)
Idol gives backの日はコンテスタンツもチャリティーに貢献、
スタジオで電話受付の作業をしてましたÎ
大物歌手や俳優がスタジオに来たり、ビデオメッセージを送ったりしていたのでかなりビッグイベントだと思います。私が知ってるだけでもベッカム夫妻、ブラット・ピット、セリーヌ・ディオン、マライア・キャリー、アダム・サンドラーや名前は知らないけど映画でよく見る俳優さんたちが大勢いました。
うーん、かなり贅沢Îそれゆえ宣伝効果ばっちりƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
この前は$150ミリオン集まったそうです。

*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜ *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜

私は、Donationつまり寄付(募金っていうことばのがぴったりくるかも)行為には少し気をつけています。

アフガニスタンにNGOで行っていた友達に話を聞いて少し考えました。
貧しい国の子供たちには確かに支援は必要だけど、与えすぎはよくない、と。
支援に慣れてしまうと自立できなくなるからだそう。
一方的に与える行為になってしまうのは、そもそもの支援の意味を根本的に間違えてるのではと考えます。

それに、すべてのお金が子供たちのために使われるわけではないのです。
中には募金の半分を、幹部の大人たちが自分たちのための飲食代に使ったりするケースもあります。
なので、お金の行き先が不明瞭な募金はなるべくしたくないのです。
(買った品物の何%がチャリティーに使われます、とかだったら喜んで買いますけど。)
non-profit organization(非営利団体)でボランティア活動するのはOKです。
わかるかな、この違い。Å‚è

子供たちのためのヘルプは喜んでするけど、ヘルプの全く要らない大人が横取りして、善意を踏みにじるような行為をされるのがイヤなんです。
それから、後々のConsequenceを考えずに与えるだけってのもどうかと思うんです。私が考えすぎなだけでしょうか?
こういうのってヘルプの内容にもよるかもしれない。。。
いくら寄付したところでも、アフリカの貧しい国々では政治やソーシャルサービス等の社会の基盤が整っていないのでずっと同じことを続けなければいけない。つまり、いつまでたっても主従・依存関係から抜けられない。
命にかかわる最低限のヘルプ(ワクチンなど)をしつつ、自立を促すヘルプが必要じゃないかと思います。それと教育ね。
心理学・社会問題  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::5年間の重み
毎年ブログに今年で○年ですとかって書いてるけど、成長ないな~って思う。
昔のブログ見返してて思ったのは、
やってることとか、去年と変わってないし!ヒィィィ!(´Д`ノ)ノ
ハイ、去年彼氏とケンカしてました。
今年もまた、家で誕生日パーティーƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹する予定です。
なんだか、すごく不安だ。。。
まあいっか。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆ ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

4月5日は初めてカナダに降り立った日。
この日は節目なので、いつも1年を回想します。
5年前はいまの自分なんて想像不可能だったように、
5年後の自分も想像できないんだろうな。
でも予想してみて、あとで見返すと楽しいかも‚¿‚ȁô

とりあえず
1年後―今年と同様、学期末でテスト&ペーパーに追われてヒーヒー言っている。
2年後―卒業してるはずなので(予定)、仕事が見つかってますように(願望)。
5年後―そろそろ身を固めていたい。
10年後―これまでには家族ができているかな?

ちょっと行き過ぎたかÅ‚è
答え合わせはその時がきたらってことで。。。

*・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・゜゚・*:.。.:* *・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・゜゚・*

いままでを振り返ってみると、
高校までは本当に親に頼りっぱなしだったって思う。
決断も自分ひとりじゃできなくて。
自分の進路でさえ周りに流されるまま、「道が敷かれていた」感覚。
カナダに行く!って決めたのさえもたまたまあった道をチョイスしただけだったような・・・Å‚è
でも、それからの決断はすべて自分で決めなければいけなくなって。
そのギャップにすごく戸惑ったし、今だって自分の決断に自信が持てないことがある。

18歳のときは何にも知らなかった。
生活していくうえで当たり前のことが当たり前じゃなかったうえに、
言葉が通じなくて。
たとえば、友達とごはん食べに行ったり、カフェに行ったり、美容院に行ったり、ビーチに散歩に行ったりすることでさえ私にとっては非日常だった。
そういう意味では、社会性っていうものが備わったのはカナダでの生活。
社会問題に興味を持つようになったり、自分の意見をはっきり述べられるような論理的思考もこっちで(+ブログを通して)養った。

しかーし!5年経っても自分のやりたいことがハッキリ見えない。
4年経ったらハイ、卒業。な日本の大学に行ってたら、本当にまた流されるまま生きていたかもしれない。幸いいまは自分と向き合う時間がたくさんある。日本では思いもしなかった悩みがでてきたりするけど、私にはきっと必要な過程だと思う。
私のモラトリアム期は人より間違いなく長い。
Poohの独り言  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::五輪サーカス
さっきジェロ(ゼリー)食べてたらƒt[のにおいがした。
ドックフードじゃなくて、犬。
賞味期限は切れてないはず。08 JN 26って書いてあるから。
えーと、いま4月だから次にJNの入る月は6月?
・・・持ちすぎだろP P賞味期限なんてあってないようなもんだからカナダ。
気にせず食べましたが、何か?w

さっ、今日のトピック~‚¿‚ȁô

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜ ゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。

バンクーバーオリンピックについてです。
2010年にここで開催されることはご存知ですよね。
私はオリンピック開催地出身で、閉会式にもちゃっかり参加してたんですが。
オリンピックに何かと縁があるみたいで、ここでもまた見られるかも。

当時はまだ子供だったから「オリンピックだー(●⌒∇⌒●) わーい」ってな感じで
嬉かったけど、親は金がかかるから嬉しくないと言ってました。
現に、いまだに借金県らしいです。

今までオリンピック立候補地で開催反対ってやってるのはなんでだろう?
くらいにしか考えてなかったけど、Five Ring Circusっていうドキュメンタリーを見ていろいろ考えさせられました。バンクーバーでもプロテストの動きはあったみたいで、たくさんの逮捕者が出ました。

反対派の理由として
「予算」
「環境保護」
というのは考えられますが、意外な理由に
「ホームレス問題」
が挙がりました。

バンクーバーらしいと思ったのが3つ目の理由。
(少なくとも長野にはなかったぞ)
来たことある人はわかると思うけど、ホームレス多いです。
観光客の来る地域にもうようよいます。
バンクーバーのイーストサイドは、主に低所得者やホームレスの居住地として知られていて、治安も悪いです。バスで通り過ぎても明らかにわかるくらい。
地方自治体は、そのエリアの安アパートやホテルを買い取って高級住宅地街にしよう!と企んでます。
そこで困るのがその地域に住んでいる人たち。
低所得者や生活保護を受けていたりする人なので、アパートを移ろうにも他のエリアは家賃が高くて払えません。おかげで家を失い、ホームレスがさらに増える見込み。
(オリンピックに向けてそんな街の様子を世界に晒すのは恥だ。
というわけで、開催中の間だけホームレスをどこかに隔離するという話も出てますが。。。)

偶然にも今日の新聞に載っていたんですが、Developer(開発者)はその安アパートたちを結構いい値段で買ってくれるみたいで、あるビルの所有者が、テナントを追い出して捕まりました。
立ち退きを要求するときは○ヶ月前に知らせてっていうきちんとしたプロセスを踏まずに、目の前の大金につられちゃったんでしょうね。(B.Cの法律では基本的にオーナー(貸主)よりテナント(借主)のが守られるようになってます。)
オリンピック効果で新たな犯罪が増える予感。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。

政治家もオリンピック委員会もおとなはみんなうそつきです。
マニュアルにいろいろ公約掲げてるけどことごとく破られてます。
破るんなら最初っから無駄な金かけてそんなもん作るなって感じƒ€ƒJƒ€ƒJ

IOC(オリンピック組織委員会)は営利団体ですって。
そういえばしかも賄賂問題とかあったしね。
要はカネと政治です。大人の事情ってやつですな。
奴ら、環境保護に対する取り組みがあまいです。
オリンピックは国際的なイベントで、注目度バツグンなんだから
それを利用していいことしてほしい。

確かにオリンピックって、IOCにとっても開催地にとってもビッグビジネスだけど、国民に借金背負わせ、環境問題を無視して利益ばっか求めるイベントになってしまっている。
ドキュメンタリーの題名のサーカスってそこから来てる皮肉だよね。

華やかな表舞台は、たくさんの自然破壊と莫大な借金、IOCの利益と一般市民の犠牲によって成り立っているのです。
真実を知ってしまったら純粋には楽しめないだろうな。
無駄なところにお金を費やし、自分の利益ばかりを求める大人たちが悪い。
心理学・社会問題  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2008 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。