::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::愛について学ぶ
いつアップしようか迷ってたけど、バレンタイン繋がりでってことで。

学校で、LOVE(愛)について勉強してます。
例の恋人同士の関係について学ぶクラスです。
ふつー学校で「愛とは何か?」なんて学ばなんわなŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢

学問的にいうと、Loveとはintemacy(密接度?), commitment(結束度?), passion(情熱度)の3つで構成されていて、それぞれの程度の高低の組み合わせでどんな種類の愛か決まるんだそう。
(これをTriangular theoryと呼びます。)
例えば、恋は盲目というように始まったばかりの関係では、passionは高いけどintemacyとcommitmentが低く、逆に長年連れ添った夫婦が、若いころのようなトキメキを感じなくなるのは普通のこと。(先のケースと逆)

なかなかおもしろいです。
でも、いろいろ読むにつれて見る目が厳しくなってきます。
つきあって間もないカップルが「愛してる」だの「I love you」だの言ってると、
冷静になーに言ってんだかとか思っちゃいます。
というのも・・・

*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜ *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
ある学者が言いました。
All love is directed toward the Self
―すべての愛とは自分に向けられているものである。

そして、close relationshipを築くのは自分探しのためでもある。

他人の存在を自分の中に受け入れる、または
他人が自分の存在を受け入れてくれることにより、自分の存在意義を見い出すという。

60%くらいの人は赤ちゃんの頃、Attachmentという絆みたいなものが、お母さんなりいちばん面倒を見てくれた人と結ばれてます。(家庭環境によってできなかったりする)
大きくなるにつれて離れていくけど、恋人ができることによって、また違うAttachmentをパートナーと築いていきます。子供の頃にお母さんに感じた安心感を、知らないうちに求めているのかもしれませんね。

*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜ *・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・

JUNOが映画の中で問いかけました。
「永遠に終わらない愛なんてあるの?」
お父さんはこう答えました。
「これだけは言える。愛を持続させるのは難しいことだよ」

授業では「永遠に続く愛などない」という結論に達しました。
おいおい、それを言っちゃおしまいじゃ・・・?!‹êÎ
なのでその後「どうやって持続させるか」というテーマを学んでいます。

なるほど。恋人同士の関係って奥が深いです。

バレンタインの甘い余韻ぶち壊しでゴメンナサイÅ‚è
スポンサーサイト
心理学・社会問題  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::バレンタイン
ハッピーバレンタイン‚Í‚Ÿ‚Æ‚–‚–

男性→女性にプレゼントが一般的な北米だけあって、
花束を持ってひとり恥ずかしそうに歩いてる若い男の子、
でっかいぬいぐるみを抱えた強面なおじさん、
スイーツのお店では男性の長蛇の列を見かけました。

でもカップルの為の日というのは日本と大して変わらないみたい。
普段、金曜日から解禁される映画も一日前倒ししてバレンタインデイから始まったり。

私たちカップルはあんまりこだわってなくて、
でもじゅんが何かしようってことでランチデートしてきました。
ベトナム料理のフォーです。とってもロマンチックwww
プレゼントもらいました。ですけど、何か?
形状記憶タイプで肩こりしないってやつ。
実家で使っていたのがこれで、日本から持って来ようか本気で悩んだくらいw
最近起きると首が凝っててツラかったんだー。
私のプレゼントは、女の子が欲しいものランキングからいつも外れてます。

私もパンツをプレゼントしました。
あとトリュフを作りました。
ダークチョコ×ココアとホワイトチョコ×抹茶。
といっても、チョコを溶かして生クリームと混ぜただけ。
簡単簡単~‚¿‚ȁô

いつも出掛けるとイライラすることが多いのだけど‹êÎ
ロマンティックデートを久々に過ごせました‚Ý‚É‚Í‚ ‚Æ
イベント  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::学校幽閉事件
あーりーえなーい。

学校に約5時間閉じ込められました。

詳細は以下のとおり。

水曜日は1日授業の日。
朝は雪なんか降ってなかったのに、3時間の授業を終えるてみると
何やら外が吹雪いてる模様。
が、気にせず午後の授業に参加。
(↑これがすべての間違いもと。)

午後5時、授業を終えバス停に向かうと、
なんとバスが走ってないから構内で待機するようにとの情報が。
何でもこの雪で事故が多発し、道が全面閉鎖されたらしい。
学校は山の上にあります。その通路が塞がれたんで、完全孤立状態
残ってた生徒&職員は山の上に閉じ込められました。

ウェブサイトで状況をチェックしてると、10時になってもバスが来なければ
体育館で一晩明かす人用に、寝袋と毛布を貸し出す予定だと。((;゚Д゚))ガクガクブルブル
こ、これは!大学側も本気だぞと、真剣に泊まりを覚悟しました。

9時10分頃、バスが動き出したとの連絡。
まだ外は吹雪いていて、バスも路線変更したりでかろうじて動いてる状態。
満員のバスのエンジンがかからなかったり、トラブル続き。
30分後、何とか滑り込んだバスで無事下山。

が、

雪なんかどこにもないし。(゚Д゚)

下界の景色は一転して雨となり、ほとんど溶けてしまっていたのです!
今までの苦労は一体・・・?
どーりで下界の人間がわかってくれないわけだ。。。

地元と同じくらい雪が降ったけど、道がちゃんと雪掻きされてないし、
普通タイヤでやってくる馬鹿無茶なドライバー多すぎっ!
これだから雪に慣れてない都会の人は、、、ってイライラする。
雪国の本領発揮。Î

そんなわけで家路に着いたのが夜の11時半。
体が冷えてたので、シャワー浴びてバタンキュー(死語?)なのでした。

何度も言うようですが、学校は山の上。
学校が雪でよく閉鎖になるので、この時期こそ開講を見合わせるべきだと思うんですがね。
っていうか、ここに学校を建てた人の気が知れない。

雪の日の登校がちょっとトラウマになりました。
学校生活  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::コンプレックスの塊
今、Vanでは洒落たレストランでコース料理を格安で食べられるキャンペーン(?)をやってるんです。
といっても$35は、貧乏学生にはかなり高級な値段。Å‚è
お誘いがあっったので行ってきました。
メンバーは彼、彼のお姉さんカップルとその友達カップル(ただしお姉さんは欠席)。
みんなカジュアルフォーマルな格好をしてきてる中、

ひとり、超・場違いな奴。

ジム帰りでスニーカー、ジーンズ、パーカにぼさぼさの髪。
――(-ω-;)―→グサッ!!!  それは私です。
マジで帰りたかったっす。・゚・(ノД`)・゚・。

まとめ役のお姉さんがいないんじゃこのメンバー微妙かも、と思ったけど
みんなナイスな人たちで、それなりに楽しめました。
年上の人と話すのはためになるし。
でも、はっきりいって自分とは釣り合わないな~と思いました。
私と彼以外は、ミドルクラスと呼ばれるそこそこリッチな人たちです。
キャリアがあって、お金があって、コンド(マンション)所有してて。もうすぐ結婚するみたいだし。
それにひきかえ私ときたら、英語もうまく喋れないし、まだ学生だし、ひとり日本人だし、こんな格好だし。今日のディナーを払うのに精一杯(笑)。
とにかく引けを感じてました。

いつも彼サイドの人たちとお出かけです。
私の友達とかと出かけたことは一度もありません。(たいして友達もいないんだけど)
でも、よく知らない人と出かけるくらいなら一人でいる方が好きです。
(ディナーなどはカップル同伴が基本なので、たまにめんどくさいです‹êÎ

どこに行くとか誰が来るとかいつも彼伝いなので、私は直前まで何も知りません。
(今回のことにしてもそうです。知ってりゃちゃんとした服着てきたよ、、、orz)
だからいつもレベルの差を感じると共に、私はただのオマケでしかないんだな~と感じます。
みんなが親切にしてくれるのは、私がじゅんの彼女だから。(←ここでピリオド)
早くPooh個人としてみんなに認められるような、一人前のオトナになりたい。

何から何までコンプレックスの塊です。(д`) ƒ_ƒEƒ“ 
Poohの独り言  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2008 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。