::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::詐欺問題解決
ずっと前(3月)に、彼氏が詐欺にあった話をしたの覚えてますか。
~あらすじ~
その詐欺師(ピザ屋元同僚)はある会社からのコンピューター修理を、Poohの彼(高度なコンピューター知識を持っている)を雇って修理させていました。が、いくら待てども報酬が出ない。何かと言い訳をつけて、報酬の支払いを先延ばしにしてタダ働きさせていたのです!

実はあれから、彼は強行手段に出たんです。
「金を払う気がないなら、今修理で預かってるコンピューターは返さないƒ€ƒJƒ€ƒJ

というやりとりがあったのが2ヶ月ほど前。

そして昨日、ついに滞納金が支払れましたヽ(´▽`)ノ
ちなみにそのお金はPoohがそっくりいただきましたm(_ _)m
(フロリダ行くのにアメリカドル貸してあげたんだよ~Å‚è

どんな話し合いをしたかわからないけど、
その男とも和解したみたいです。


一件落着。
かと思いきやまたまたちょっとした事件がƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹


きれいさっぱり問題解決した、帰り道。
後ろから上向きライトを照らして追いかけてくるidiotが‚Ñ‚Á‚­‚è
なんじゃ、眩しいんじゃい(*`д´)b
私たちの車がメインの道を外れて、眩しくなくなったので
その車はまっすぐ行ったんだろうと思いこむ。
が、サイドミラーを見ると、鏡越しに停車してるとばっかり思ってた車がいくら経てど小さくならない。
って、さっきの車がついてきてるジャン!!
しかもライト消したまま走ってるし!((;゚Д゚))

怪しすぎ。

こっちが停車して車を降りると、
人違いに気づいたのか去っていきました。
が、しばらくするとまた戻ってきてウロウロしてました。

そこで疑問がひとつ。

もしかして、、、

うちら、ド○○ディーラーに間違えられた???(´Д`ノ)ノ ヒェ!

お願いですから善良な一般市民(Poohは市民じゃなかった‚â‚ׂÁ)を巻き込まないでください。
スポンサーサイト
日常生活  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::嗅覚と記憶
どうして人間は香水をつけるんだろう?

たまたまバスで乗り合わせた人の香水の匂いをかいで思った。

たま~にいるんですよねぇ。
香水の匂いプンプンさせてる人。

匂いって一種の自己表現?

それとも、異性を惹きつけるためのフェロモン???
・・って昆虫か!(爆)

Poohはお店の化粧品コーナーにある、香水のテスターのボトルを全部開けて匂いをかいだりしますÎ
キツイ香りは好きじゃないけどさわやか系の香りは好き。
でも、自分じゃほとんど香水つけません。
持ってるのはすべていただきものです。

理由は、、、嗅覚と記憶って密接な関係にあると思うから。
においをかぐことによって、その香水をつけていた時を思い出すから。
ツラかった時期とか、今となってはイタイ時期だとか、‹êÎ
思い出したくないことまで思い出されるから。

*・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・゜゚・*:.。.:* *・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・゜゚・*:.。.:*

気になって心理学の教科書引っ張り出してきました。
調べてみると、やはり嗅覚は記憶・感情etc.を総括する
limbic system(大脳辺縁系)というものに繋がっているらしい。

*・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・゜゚・*:.。.:* *・゜゚・*:.。.:*・゚・*:.。.:*・゜゚・*:.。.:*


楽しかった時間が
遠い思い出に変わった時。
思い出したくない記憶になった時。
きっと、どこかで同じ匂いをかいだ時にせつなくなるんだろうな。
だからきっと香水はつけません。‚¤‚³‚¬
Poohの独り言  コメント(1)   トラックバック(0)  △ page top


::不注意に注意
あぁ・・・やっちまったよ‚â‚ׂÁ
車の中に鍵置き忘れたままドア閉めちゃった‚Ђâ[
もちろんロックした後で。。。

(彼)まだ閉めるなって言ったろー?!(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノ
(Pooh)聞こえなかったもん!

とりあえず反論してみたけど、Poohの不注意です。
ゴメンナサイ・・・orz

ラッキーなことにお母さんがスペアキーを持ってたので、
ルームメートに頼んで持ってきてもらいましたw
業者に頼んだら$35かかるとか。。。ヒィィィ!(´Д`ノ)ノ

普段、貴重品の忘れ物はしないPoohだけど、
たま~に自分でもびっくりするようなポカをやらかします、、、。
自分の車を持ったときが怖いですP P
あまりにマヌケで、ちょっと落ちました。

教訓:車のキーの置き忘れ、オートロックの建物には要注意‚Ñ‚Á‚­‚è
日常生活  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::ボランティア
ボートレースのフェスティバルのボランティアに参加しました。
要は、ボート漕ぎ大会。と称したイベント。
といっても大したことはなく、ゲームやステージの他は
ほとんどスポンサーのブースで、試供品を配っていただけÎ
天気は土日ともあいにくの雨‚ ‚߁`&曇り。
6月なのに、冬用のダウンジャケット着るほど寒いイベントなんてありえんっ‚Ñ‚Á‚­‚è‚â‚ׂÁ

Poohはフードサービス係りでした。
はっきり言って暇だった‚Ñ‚Á‚­‚èすること何もないんだもん‹êÎ
まあよかったのは、ボランティアの人たちはここに食べにくるから、ほとんどのボランティアさんに会えたこと。顔見知りもチラホラ。空いてる席に座ってお喋りしてました。
常に食べ物がそばにある環境もPoohにはぴったり‚¿‚ȁôÎ
が、あまりに暇なので、最終的には抽選くじの売り子に回されました。
・・・これもなかなか売れません(泣)。
目の前にあるビアガーデンのチケット売り場、大盛況。
長い列を作っています。
、、、なんなんだ、この差は。。。┐(-。ー;)┌

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆* ☆.。.:*・°☆* ☆.。

カナダはボランティアが盛んです。
「暇だから来てみた」ってな人もいるくらい。

だけど。

主催者の段取りが悪くてボランティアに迷惑かけるのって、なんだかな~と思うんですよ。(集合場所の突然の変更、メールの連絡ミス、誤った情報etc.)
そもそも人手が足りないから募集をかけるんだけども、
コーディネートする側はお金貰ってるんだから、
ボランティアに正しい指示を出すのは仕事のうち。
だけど、そういうミスが何度も続くといくらボランティアとはいえリスペクトされてない気がします。
ここだけじゃなく、他のところでもそうなんだけど。

「やってあげてる」んだからとか、そういうおこがましい気持ちはないけれど、お互い気持ちよくやりたいじゃない?
こういうことで不信感が募るのって避けたいです。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆* ☆.。.:*・°☆* ☆.。

人に会う決断をするのにもエネルギーが必要なほどPoohは人見知りです‹êÎ
それでもたまにはボランティアで、たくさんの新しい人に会います。そこでは「いい出会い」もあれば「悪い出会い」もあるわけです。
今回はなんか感じ悪~いファミリーがボランティアに来てて、
嫌味とか言われたけど、流せるくらいタフにならないと
せっかく来ても人に会うだけで疲れちゃうなぁと思いました。


そういうわけで天気のせいもあるけど、ワタシ的にはなんだかパッとしないイベントでした。ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
ボランティアにも当たり外れがあるっていうことで。Š¾2
ボランティア  コメント(3)   トラックバック(0)  △ page top


::First Aid Training
救急救命の講習会を受けてきました。

消防署の人が先生だったんだけど、2日連続の夜勤明けだそうでテンションがめちゃくちゃハイで、ジョークとか飛ばしまくり、、、
( ̄□ ̄;)大丈夫かいな・・・
高校の時も確か講習受けた気がするけど、何も覚えてません‚â‚ׂÁ

倒れてる人を見かけたらどうするかH
まず意識確認。
その後の手順はABC順になっていることのこと!わかりやすい。

A=Airway(気道確保)
B=Breathing(呼吸確認)
C=Circulation(心拍の確認)
D=Delay bleeding(怪我の有無)

もし呼吸が確認されなければすぐにCPRへ!
(CardioPulmonary Resuscitation=心肺蘇生法)
というわけで心臓マッサージのやり方を習いました。
人口呼吸と共に、おなじみのダミー人形を使って練習。

ショッキングな事実発覚。

実際にやると、肋骨が折れることもあるそう‚Ñ‚Á‚­‚è
だけどそれはそれでいいらしい。。。
というか、むしろその方が押しやすいんだって‹êÎ
消防署の人いわく、
「死にかけてる人は痛みなんて感じないし、
心臓を最機能されることが最重要事項だから」だそう。
確かに、、、でもそんなこと講習会では誰も教えてくれなかった!
経験者ならではのアドバイス。かなり重要です。
だって、蘇生中にボキボキとか鳴ったらびびって止めちゃうかもしれないじゃないŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢

何はともあれCPR (Level A)のサティフィケート取得!
(ノ´∀`)ノイェイ

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆* ☆.。.:*・°☆* ☆.。

そういうわけで10時半に帰宅。
夕飯も食べずに寝てしまった、、、。
んで、今朝は4時半起き。
彼氏が今日からフロリダ行くからお見送り。
完全な寝不足&空腹のせいで吐き気がして(T_T)
結局眠れないまま10時半から授業・・・。
おかげで今モーレツにネムいです(´-ω-`)ŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢
ボランティア  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::石いじり
80年ぶりの記録的な大水で洪水の危険性ありだそうです。
どうりで先週雨ばっか降ってると思った。
またまた寒いこの頃です(>_<)

来週、恐怖のMidtermがやってきます。
なんか、うちの学校は成績が相対評価でつくらしいので、
頑張らなきゃです。
地学のクラスでは週2時間のレクチャー(講義)の他に、
3時間のラボ(実験?)があります。
(サイエンス系のクラスではレクチャーとラボはセットです。)

ラボでは何をしてるかというと、、、
主に石の観察です。
毎回、トレーに10数個の石がズラズラ~っと並んでいて、ひとつひとつ観察して特長から名前をあてます。授業の最後にはレポートを提出するけれど、、、とても3時間じゃ終わりません。
なので毎週居残りです!!‚â‚ׂÁクラスメートは時間内に終わってるのに、、、なんであたしだけ、、、(泣)

毎週クイズもあるし、予習に復習に気が抜けないラボ。
ちなみに専門用語ばっかなのでぱっと見、何も理解できません‹êÎなのでWikipediaで予習してますÎ。日本語ページにもすぐ飛べるし、写真も載ってるのでかなり役立ってます。
そして、復習もかねて時間外にもラボに行ってひとりで石をいじくってます。ラボに長時間居座って先生に質問しまくりなので、ある意味先生迷惑してるかもÎ

最初のうちは、ピンクとか緑とか銀とかキラキラしたものやクリスタルを見てたんだけど、だんだん堆積岩とか変成岩とか「地味な石」になってきてつまんない・・・( ̄ω ̄)
でも気がつくと「あのお家の庭の石は○○だな」とか「あ、あそこ石灰岩でできてる」とか無意識に観察してる自分がっ!∑(゜∀゜)
・・・これも一種の職業病みたいなもん?
学校生活  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::卒業式
ŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢今日はカレッジの卒業式でした‚Ñ‚Á‚­‚è
昨日は大学でも卒業式が行われていました。
6月は卒業シーズンです。
ƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹こちらはセレモニーの様子
graduation ceremony


なんだか実感がわかないけど、どうやらカレッジ生活が終わってしまったみたいです。この2年半、山あり谷あり、笑いあり涙ありいろいろだったけど、とっても楽しかったですよ‚ 
ものすごくたくさんの事を、一気に吸収した気がします。
なのでとっても濃い2年半になりました。
内面的にも、積極的になって自信がついたと思うし。

ここ(カレッジ)から、私の留学が本格的に始まった気がします。
いっぱい苦労もしましたよー。‹êÎ
まず、喋るのはすごく苦手だった。
カナダ人に混じって勉強するわけだからさ、
英語にいつもコンプレックスがあったわけですよ。
それでもグループワークの時とか、喋らないとついていけないので必死でした。
それも気にならなくなったのは2年めになってからかな。
おかげで今は真っ先に口を開いていますがÎ

リーディング力は、かなり伸びました。
毎セメスター、ン百ページもあるテキストを何冊も読まなければいけなかったのでÅ‚è
書くほうは相変わらずですが‹êÎ

コンピューターがぜんぜん使えなくて、最初はエッセイの書き方はおろかフォーマットすらわからなくて困りましたÎ

ほかにも一所懸命やっても評価されなかったり、
悔しいこともたくさんありました。
テスト前、レポート〆切前は「睡眠時間短縮週間」となり、
あとで寝溜めしてました。

なんでこんなことしなきゃいけないんだろ~とかダルい~とか何度も思ったけど、途中で絶対にやめるわけにはいかなかったので、頑張りました。自分で選んだ道だし‚¿‚ȁô
要は根が負けず嫌いなんです‚Í‚Ÿ‚Æ‚–‚–

なんだかんだ言っても、留学した証を「カタチ」として残したかったので、たかがカレッジでも卒業できたことは自分にとってすごーーーく意味のあることでした。

やっぱりここまで来れたのは周りのサポートが大きいです。

家族。

宿題を助け合ったクラスメートや友達。

ホームステイ時代からお世話になってるファミリー。
彼らは大学に行くといっても右も左もわかんなかった私を
学校見学に連れて行ってくれたり、願書とか手続きを手伝ってくれました。
(カナダに1年も居たのに、そんなことも自分でできなかった私(∀`;))

彼氏は精神面でのサポートをしてくれたし、
今日は「娘の卒業式を撮るパパ」みたくÎ卒業式のビデオや写真を撮ってくれました。

Poohを支えてくれたすべての人に感謝しますm(_ _)m‚Ñ‚Á‚­‚è

大学の卒業式には、今度は両親も呼びたいです。
20070606225745.jpg

卒業しました。ヽ(*^∇^*)ノ::・'゚☆。.::・'゚★。.::・'゚☆。
イベント  コメント(10)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2007 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。