::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::幸せのリレー
あなたは今までに、自分の人生を変えてくれた人に出会ったことがありますか?
その人に感謝の気持ちを伝えましたか?

遠くに住む友達が、私の名前を挙げてfacebookでつぶやいてくれました。
一緒にいた期間は3か月ほど。
もう7年も会っていないけど、
いまだに交流が続いている大切な友達です。

正直何を言ったか覚えてないけれど、
私の言葉の何かが彼の人生を変えたようです。
一生懸命自分の言葉で気持ちを伝えた結果、
誰かの心に響いてくれたというのは嬉しいものです。
自分が言った何気ない一言を相手がいつまでも大切に持っていてくれた時、
こっちまであったかい気持ちになります。

基本的に私は、「来る者拒まず・去る者追わず」なドライな人間です。
だけど、頼られたら全力で助けます。
友達は多い方じゃないけど、そんな私を理解して
深い付き合いのできる友達がいることはとても幸せです。

彼が私をあったかい気持ちにさせてくれたので、
今度は私が誰かをそうさせたいです。

ミワ
なおさん
江里

私の人生に影響を与えた人です。

ゾネ
ガーコ
るっちん

私が絶対的に信頼している友達です。

この場を借りて感謝申し上げます。
ありがとう、そしてこれからもよろしく


P.S. ちなみにこれはバトンじゃありません
スポンサーサイト
Poohの独り言  コメント(3)   トラックバック(0)  △ page top


::帰国、その後。
帰国してはや1ヶ月。
日本の生活にもだいぶ慣れました
携帯も買って、日本人(笑)やってます。

今日は少し心の整理をしようかと。

急に帰国したので、実はカナダを引きずっていました。
心の整理がつかなくて、カナダの思い出とか見るのが少し痛かったけど
ようやくfacebookを開けました。
私がいなくなった後にも、バンクーバーの人々の生活は続いていて(あたりまえだけど)
それを見るのが大丈夫になったのは、私も自分の居場所を日本で見つけたからかもしれない。
こうやって日本の生活に慣れていって、カナダでの生活を忘れるのが怖かったけど
それでもいいんだと思えるようになりました。
この7年間は私の経験として身に付いているから。

カナダにいた頃は、日本に帰ることをそれこそ最後の手段だと考えていたから
適応できるが不安でとにかく怖かった。
けど、考えるより実際に行動に移してみたら案外大丈夫でした。
形式とか慣例を重んじる日本にいるはずなのに、考え方が前より柔軟になりました。
思い切って日本に帰ってきて、もっと自由になれた気がします。


仕事探しもぼちぼちやってますよ。
そもそも何がやりたいかわからなくて、履歴書を書くのに苦労しました
でも初めて自分と真剣に向き合えたし、新たに希望も持てました。
私のことを待っていてくれた家族、友達・・・。
改めて私の留学生活はみんなに支えられていたんだなと実感。
本当に感謝してます
そんな支えてくれたみんなに恩返しできるよう、立派な人間になります

Poohの独り言  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::節目
卒業しました。

自分に自信がなくなって、すっかりくすぶってしまった私へのたったひとつのご褒美。
長くしんどかった学生生活からサヨナラ。
まあ最後の年は半学生みたいな感じ?だったんだけど。
思い返してみれば・・・大学時代の記憶がほとんど抜けてる。
自殺率カナダNo.1の大学だし
学校と家とボランティアくらいしか行った記憶がない
いや、冗談抜きで。
カレッジに行ってた時はそれなりに遊べて楽しかったけど。

前にも書いたかなぁ?
カレッジ時代も勉強が大変だと思ったけど、いざ大学に編入してみたら
その難しさにカレッジ時代の勉強がはるかにラクに思えました。
これは友達も言ってたことなので、大学のアカデミックレベルの高さはマジ。


ぶっちゃけ大学は全然楽しくなかったんだけど、
それでもあの学校を卒業できてよかった。
卒業式でブルーのレガリア着れて嬉しかった。


人より亀だから、卒業まで6年近くかかったし
劣等生だったから人より苦労したけど
回り道もムダじゃなかったと思いたい。



これからのことは日本に帰ってゆっくり考えてみたいと思います。
Poohの独り言  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::春の嵐、嵐の後に射す光を求めて。
いろんなことがありすぎて、何から書けばいいか・・・。

数年に一度、大きな決断をすることがあります。
そんなときはいつも決まって春。
春を節目に感じるなんて、やはり私も日本人。

とりあえず、通訳のアルバイトを通して大きく成長しました。
その直後に通訳のお仕事も次から次へと舞い込んできて、
自分の人生の欠けていたピースが意味をなしたような気がします。
なんていうか、タイミング的に。
自分の世界が広がるチャンスです。
それと同時に、今まで持っていたものを手放さなければいけないように思います。

何かを手に入れるためには、何かを犠牲にしなければならない。
たとえ人を傷つける結果になってしまっても、それは仕方のないこと?
人を傷つけるのが悪いことなら、自分が傷ついても我慢して人生を送る?
何かを主張することとワガママはどう違う?

ずっとダメ人間な扱いをされてきて、自分の人生なのに前に進むことに否定的で
いままで自分に自信をなくしていたけど、誰かに必要とされることで
少し自信がつきました。
やはり人とのかかわりなくしては生きていけない。
そんなシンプルなことなのに、実際の人間関係はむずかしい。

でも恐れてばかりじゃ先に進めない。
時には突き進む勢いも必要。
そうでなければ一生このまま。
自分の「ワガママ」をとおしてまで変えたい気持ち。
今、変わらなければいけない気がする。
Poohの独り言  コメント(1)   トラックバック(0)  △ page top


::7年間
「来年こそはいいかげん」の誓いもむなしく。。。
春が来て、夏が来て、秋になって、冬が過ぎても。
1年経った今も去年と同じ日常。
ここ数年、変わらない生活を続けている。
自分は何も変わらないまま、時だけが過ぎていくだけ。
もしかしたら一生このままかも
って不安に駆られることもしばしば。
あまりにも何も変わらなさすぎて、この先の目標すら見えない。

最近ね。そろそろ日本に帰りたいな~って思うようになった。
私は長くここに居すぎてしまったのかもしれない。
それでも、今は帰れない。自分で納得いく結果が出せてない。
卒業証書だとか、TOEICの点数だとか、紙切れの上の話じゃなく
自分の生き方とか、キャリアについては全然まだダメ。
結局は中途半端な自分に納得してないからなんだよね。
悩みの原点はいつも同じとこにある。
i am stuck...

そういえば最近あんまり笑ってないなぁ。
使わないと顔の筋肉も衰えるんだって。
顔の筋肉といえば、
こないだ思い立って日本語をしゃべる練習してみたのね。
自分の声を録音しながら。
もともと滑舌が悪かったけど(←ていうかそれすら言えないし書けない
言葉がつんのめってた 
超おもしろかった~。
英語と日本語は音の出し方も発音もしゃべり方も全く別もの。
通訳のバイトあるからそれまでにちょっと練習しとこ。



そんなこんなで8年目突入です。
Poohの独り言  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home | next>>
Copyright © 2017 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。