::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::学生ビザ更新
留学ネタです。

学生ビザを延長しました。
もうこれで7回目くらいなので、軽くプロ並みです苦笑
ブログによると確か、前回の延長で1年半の許可が下りたから、、、
もう1年半経ったってこと?はやっ。
今回は1年半弱もらいました。あと1年で卒業予定だからね。
予定通りに卒業しないと、もう1度延長=余計な手間&お金がかかるってことです。(もう1セメスター勉強するには1ヶ月ほど足りないから)

留学生や移民の人は必ずお世話になるCIC(カナダ移民局)。
仕事が遅い、いい加減(オフィサーによって答えが違う)などと評判が悪かったCIC(特に日本人から)ですが、最近がんばってます( ・ω・)ノ
オリンピックに合わせて労働力を確保するため、ワークビザが下りやすくなり、移民もしやすくなりました。人手増員したんかな?ほかのプロセスも早くなっているように思います。
それでも学生ビザは発行に2ヶ月くらいかかります。
なので、3ヶ月前を目安に申請手続きをするように勧められます。
(私が日本に帰れないかも~謝罪~!って言ってたのはこのためです。申請中は国外に出ちゃダメなの。)

が、

のんびりやのPoohは3ヶ月前にパスポートを更新、
1ヶ月前に書類を集め、郵送したのが2週間前という超スローペース。
なのに航空券を既に購入し、余裕ぶっこいてたのはウラワザを使ったからです。ピース

大学留学生はワークビザも下りるということを書いたと思いますが、
学生ビザを申請するときに、同じ書類を使ってワークビザも同時に申請できます。
CICのホームページによると、学生ビザの発行に73日、ワークビザ(留学生用)の発行に13日かかるそう。
ここで注目すべき点は、学生ビザをワークビザと一緒に申請するときのあて先が、ワークビザの申請先になるということ。
つまり、学生ビザだけを申請するより両方申請した方が断然早い!
何ヶ月も待ってる学生さんをすっとばして、学生ビザをちゃっかり13日でゲットしちゃいましたちな♪
ワークビザ(留学生用)は申請の絶対数が少ないから。。。
働く気はなかったんですが笑ウラワザを知って申請してしまいました。あ~あ、これで働かなきゃいけなくなるじゃん。

カレッジ・大学生の学生ビザ延長に関するちょっとしたウラワザでした豆電球
スポンサーサイト
留学生活  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::日本人留学生の日本語能力。
ショックだったこと。

日本の大学生の子に言われました。

日本語なまってますね。

・・・つまり英語も日本語もちゃんと喋れてないってことですか。がっくりがーん

日本にいる日本人やカナダにきたばっかの日本人に対しては、気を遣って言葉を選んで喋ってるんですっ。(だって私が喋る日本語なんて、ブロークンイングリッシュならぬブロークンジャパニーズなんだもの。ちょっと気を抜くとボロが出てしまう。)
だからつたない日本語に聞こえるのかも。
単語が出てこなくてつかえたりとかさ。

ちなみに学校の日本人の友達と喋るときはもっとスムーズです。
スムーズというのは日本語が出てこなくても英単語混ぜてそのまま会話が成り立ってしまうから。汗2
長期滞在の人は英語ができるという前提で日本語を話すので、英語が混じっても理解してもらえるという暗黙の了解があるようにも思えます。

日本人留学生の使う変な日本語~大学編~
「来セメのクラスレジスターした?」
「ブックストアー行ってテキスト買わなきゃ」
「このクラス難しすぎてドロップしちゃった」
「ファイナルいつ?」
「クラスどこ?」

以上訳すると
「次のセメスターの授業登録した?」
「本屋で教科書買わなきゃ」
「難しかったから(学期初めまたは途中で)クラスを落とした」
(そのまま無理して悪い成績がつくよりよっぽどいいので多くの学生がこの手を使う)
「期末試験いつ?」
「教室どこ?」

考えてみりゃヘンな日本語かも。?(小)
(もはや何がヘンがわからなくなってるアップロードファイル) 
日本にしばらく帰るとカンが戻るんですけど、
ずっと英語の中でいきなり日本語をふられると戸惑います。
そんなPoohの英語の弱点はライティング、日本語の弱点はスピーキングです。
留学生活  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::パスポート更新
夏休み、順調に満喫してます。
気が抜けすぎて、ボランティアすっぽかしました。
寝坊とかじゃなくて、素であることを忘れてました。
電話きてはじめて気づきました。
とりあえず平謝り。
「休みボケでしょ?」って言われました。
そのとおり。笑うしかないです。
いつも時間通りな私だけど、時々びっくりするくらいすっとぼけたことやらかします。自分でもビックリです。

*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。.

昨日は、残り3ヶ月をきったパスポート更新してきました。
実はカナダに来て半年くらいたった頃に、一度更新してます。
日本を出る前、残り11ヶ月くらいだったから更新しようと思えばできたんだけど、ビザの申請とかに必要だしってことでそのまま持ってきたため、カナダから日本のパスポートを更新したのです。

が、

あの時ムリして日本で更新してから来ればよかった~。と思いました。
というのも、当時カナダで更新するのに大変な思いをしたから。
まず、年齢が19歳だったのが痛かった。
戸籍抄本を日本から送ってもらったり、
親の承諾書を書いてもらったり(未成年だったので)、
しかもその時こっちから送った用紙を郵便で送り返してもらったのでえらく時間がかかりました。(FAXという手はなかったのだろうか?今思えば)
極めつけは5年パスポートしか取れなかったこと(未成年だったので)。
学生ビザは在学中でもパスポートの期限までしかもらえないのでŠG•¶Žš–¼‚ð“ü—Í‚µ‚Ä‚­‚¾‚³‚¢
延長の手続きもめんどくさいしお金もかかるので、長くあったほうが得なのです。
そういうわけで念願かなって10年パスポート申請しましたƒAƒbƒvƒ[ƒhƒtƒ@ƒCƒ‹
赤パスポートは大人の証です‚Ñ‚Á‚­‚èÎ

今回手続きは前回に比べるとずいぶんとラクなもんです。
申請書と写真もってくだけ~。大人になると手続きラクでいいね。
久々に日本語たくさんの書類を見ました。けっこうややこしいですね。
本籍地を書けだの、濁点は一マスに書けの書くなだの。
日本の本籍地にあたるものは生まれた国と市のみ!
そして英語の書類は一マスにアルファベットひとつしか入りませんからぁ!
日本でがんばってる外国人、ほんとエライよ。

さて、手続き中は領事館にビザ共々パスポート没収されてるので1週間ほど国外に出れません‚Í‚Ÿ‚Æ‚–‚–
緊急事態起こさないでね、日本にいる家族よ。
留学生活  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::広がる選択肢
最近留学生の間で大騒ぎになってるニュース。
Post-Graduation Work Permit のルール改正のお知らせ。
これは簡単に言えば、大学・カレッジの卒業生がもらえるワークビザ。
ただいままではいくつか規定があって、
1.大学の専攻に関係ある職でなければいけない
2・卒業後90日以内に雇用主を見つけなければいけない
3・ビザの期限は場所によって1~2年 etc.
実際には制限が多くて、仕方なく国に帰る留学生も多かったと思います。

それが今回の改正により、上の↑1.2の枠がなくなり、ビザの期限が一律3年間に延長されました!!!
つまりオープンワークパーミット=どこでも働けるし、転職自由なビザになりました。‚Ђâ[‚¦IH
これってすごいことですよー。

外国人が就労ビザを取るって大変なことなんです。
まず会社がカナダ人を差し置いて外国人を雇う理由があることを証明するだけのスキルがなければいけないし、雇ってもらえてもその会社に限り就労可能だったりするので、転職したらもう一度同じプロセスを踏んでビザを申請し直さなきゃいけなかったりとめんどくさいんです。

なので今回のルール改正により、煩わしさが大幅に減りました。
Flexiibilityでいえばワーキングホリデービザみたいなもんですかね。
こんなに甘くしちゃっていいの?って心配なくらいです。
でも、オリンピック前だからかな。
今BCは人手不足だそうです。
高等教育を受けた人材を欲しがってるみたい。
そう考えれば、今回の改正も納得できるかも。

改正はいつも突然行われるので、今春卒業でこっちで就職したかった人はすごくラッキーだね。
留学生活  コメント(1)   トラックバック(0)  △ page top


::日本人会。
カレッジ時代の日本人の友達とごはんを食べに行きました。
「今度みんなでごはん食べに行こうよー。」
という会話がされてから数ヶ月。
ようやく実現しました。

カレッジ在学時は、日本人のコミュニティーは多いときで30人くらいいたんじゃないかなぁ、毎週のようにパーティーやったりしてましたが。
(ちなみに男の子たちとはよくサッカーしてました。)

このようにみんなで集まるのは、実は2年ぶりくらい。
会う人会うたびに「ひさしぶり」と挨拶(?)するほど会ってなかったんですね。。。

本日の出席者は男子5名、女子7名の12人!
私を含め半分が大学に編入(しかもみんな同じ学校)、残りは
カレッジ在籍(3名)
卒業して帰国準備中(2名)
働いてる(1名)
という配分になりました。
カレッジの同期だった人は、ほとんど卒業してます。
知らない間に日本に帰国した人も何人もいました。

久しぶりに日本語をたくさん話して、いっぱい笑いました。

学校以外にみんなそれぞれ自分の生活ができて、
一緒に遊ぶことが少なくなりました。
それでもこうやって、たまーに会っておしゃべりしたりするのは楽しいです。
そして自分の友達とあそぶのも大事ということを実感。(彼氏の友達じゃなくてw)

みんなから、ちょっぴり元気ƒLƒ‰ƒLƒ‰と刺激ƒLƒ‰ƒLƒ‰を分けてもらいました。
留学生活  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home | next>>
Copyright © 2017 All roads lead to... , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。